このページの本文へ

アックス製組み込みLinux機用GUI環境「式神」事業で、レッドハットとテンアートニが提携

2001年02月22日 08時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レッドハット(株)と(株)テンアートニは、(株)アックスが現在開発中の携帯Linux機器向けGUI環境『式神(しきがみ)』について、開発から配布まで広範囲にわたる事業を共同で推進していくことを発表した。また、3社は組込Linux事業においてセミナー、展示会などのプロモーション活動、フィードバックの収集、開発サポート、個別適用などを共同で行なう。

式神とは

式神は、携帯機器にあわせて設計させたGUI環境で、操作が容易に行なえるよう単純化された「デスクトップ」インターフェースと、98%の認識率を誇る手書き文字認識システム「布目(ぬのめ)」が搭載されているのが特徴。

式神のAPIはすべてGNOME APIに準拠し、GPLのもとで公開されている。式神専用サイトは以下の通り。

http://www.sikigami.com/

テンアートニはEmbedded Sysytem推進室を推進し、さらに事業部に昇格させるなど組み込み系機器に対して積極姿勢を示し、「式神」に対しても開発コミュニティに自社エンジニアの参加を実施するという。

カテゴリートップへ

ピックアップ