このページの本文へ

米TurboLinux、米IBMのLinux版Java技術ライセンスを取得

2000年01月25日 23時22分更新

文● 高柳政弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米TurboLinuxは24日(現地時間)、米IBMのLinux用Java開発者向けキット「JDK for Linux」のライセンスを取得したと発表した。JDK for Linuxは、SunのJava互換性試験をパスしており、“JVM(Java仮想マシン)”が含まれている。現在のバージョンは1.1.8。JDK for Linuxが含まれることにより、ユーザーはJava環境を別途インストールする手間から解放される。

 米TurboLinuxは、JDK for Linuxを次期製品から導入する。

カテゴリートップへ

ピックアップ