このページの本文へ

ターボリナックス ジャパン(株)、「TurboLinux Workstation日本語版6.0」発売開始

2000年04月07日 18時13分更新

文● 沖中弘史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ターボリナックス ジャパン(株)は、「TurboLinux Workstation日本語版6.0」を発売した。

「TurboLinux Workstation日本語版6.0」画像
「TurboLinux Workstation日本語版6.0」

 「TurboLinux」は、広く利用されているディストリビューションの1つで、早い時期から日本語ディストリビューションとしての地位を確立していた。

 価格は1万2800円となっているが、「トライTRYターボキャンペーン」と銘打ち、初回3万本に限り、

  • キャンペーン価格9800円で販売
  • ユーザー登録者全員に「VMware Express」(PCエミュレータ「VMware」の機能限定版)をプレゼント
  • ユーザー登録者の中から抽選で2000名に「Turboグッズ」プレゼント

といったキャンペーンを行なっている。

「TurboLinux Workstation日本語版6.0」の主な特徴

  • システム設定ツール「TurboTools」の強化と、アプリケーションランチャ「TurboCentro」の搭載
  • エプソンコーワ(株)の開発した「PIPS」プリンタドライバにより、高品位な印刷が可能
  • 「GNOME」を標準デスクトップとして採用
  • 「カーネル2.2.13」、「glibc 2.1.2」、「XFree86 3.3.6」、「GNOME 1.0.55」、「KDE 1.1.2」を採用

バンドルされる商用アプリケーション

  • ATOK12 SE: かな漢字変換システム
  • Wnn6 Ver3: かな漢字変換システム
  • 翻訳魂: 日英/英日翻訳ソフト
  • RYOBI日本語TrueTypeフォント5書体
  • System Commander Lite: 複数OSを切替え可能なブートローダの機能限定版

パッケージ内容

CD-ROM 4枚

  • インストールCD: インストールに必要なパッケージを収録
  • ソースCD: 「TurboLinux Workstation日本語版6.0」のソースコードを収録
  • コンパニオンCD: XFree86 4.0、GNOME 1.1.2、各種サーバ用ソフト、各種ゲームなどを収録
  • TurboLinuxソリューションガイドCD: 商用ソフトウェアのデモやフリーソフト、 対応周辺機器やTurboLinuxを学ぶトレーニングコースなどの情報を収録。各種情報は、Windows上でもNetscapeなどのWebブラウザで閲覧可能

FD 2枚

  • インストールディスク: 起動用ディスク
  • System Commander Lite: 複数OSを切替え可能なブートローダの機能限定版

マニュアル 2冊

  • ユーザーリファレンスガイド
  • 活用ガイド

カテゴリートップへ

ピックアップ