このページの本文へ

テンアートニ、Webアプリケーション開発方法を学べる『Webアプリケーション構築パック』の提供を開始

1999年07月01日 22時55分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)テンアートニは、Webアプリケーションの開発/構築方法を習得するためのサービス『Webアプリケーション構築パック』の提供を開始した。

これは、同社が開発した、Java Servletを使用したWebアプリケーション『ラ・クルール/ルージュ for Internet』のソースコードを利用して、Webアプリケーション開発方法を習得するもの。同製品は、Javaを使用して開発されているが、今回の『Webアプリケーション構築パック』では、Linuxを標準プラットフォームとしたサービスが提供される。Linuxによるイントラネット開発や、基幹システムの構築を行ないたい場合に、同サービスを利用できるという。

『Webアプリケーション構築パック』は、『ラ・クルール/ルージュ』のソースコード、教育コース、ヘルプデスク、開発コンサルティングの4つで構成される。価格は、ソースコードが98万円(キャンペーン期間につき、定価180万円の半額。12月28日まで)、教育コースが3日間(4名)66万円、メール/FAXサポートを行なうヘルプデスクが10回/1年で20万円、20回/1年で30万円、開発コンサルティングは1人/1ヵ月につき12万円。

カテゴリートップへ

ピックアップ