このページの本文へ

ここがスゴいぞっ! iLife ’09第1回

アナタの「顔」で写真を分類 iPhoto ’09の「人々」機能

2009年01月30日 20時00分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ほぼマウスクリックでOK

 「人々」機能のトレーニングは、大まかに言えば

  1. 写真を読み込ませて顔を検出
  2. 人物の名前を付ける
  3. その顔を元にiPhotoがライブラリーから別の候補を抽出
  4. 抽出したものが正しいかどうかをユーザーが判断

 という手順だ。ほぼマウスクリックのみでサクっと実行できるのがいいところ。手元のサンプルを元に試してみたところ、5分ほどで1人の人物を特定してくれるようになった。

名前を付ける
目当ての人が写った写真をiPhotoで開く。今回は左の娘(「あおい」ちゃん)の写真を抽出しよう。まずは「名前を付ける」(囲み)のボタンを押す
iPhotoが顔を自動で認識して、名前の入力欄を表示してくれる。右の「陽子」さんのように、あらかじめ「人々」に追加してある人物は名前が表示される。「あおい」ちゃんに付けられた「不明な人」欄をクリックして……
「あおい」と名前を入力。ちなみに顔が認識されずに枠が出てこなかったら、手動で枠を追加することも可能だ
ほかにライブラリー内に「あおい」ちゃんの写真があれば、iPhotoのトレーニングを実行できる。入力した名前の右にある「>」アイコンを押そう
トレーニング画面が開くと、下に「あおい は下の写真にも写っているようです」と、ほかの候補を表示してくれる。左下の「名前を確定」ボタンをクリック
各写真をクリックするたびに「あおい」「あおいではない」とステータスが変わる。「あおい」ちゃんの画像に「あおい」と付けていこう
最初は兄弟など、似た顔の人が候補に含まれている。こちらは「あおいではない」として外していく。表示されているものをすべて選別したら、右下の「完了」を押す
トレーニング画面に戻って、「あおい は下の写真にも写っているようです」と別の候補が表示されたら同じトレーニングを実行しよう。そうして精度をあげておけば、写真の「人々」画面からサクっと「あおい」ちゃんだけ探し出せるようになる

 ちなみに、筆者的には「同じ顔の双子って見分けられるの?」というのが気になるところだが、残念ながら手元に双子のサンプルがない。もし読者の方で試された方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報下さいっ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中