このページの本文へ

Gigabyte「GA-EX58-DS4」

これなら買える!? 最安「X58」搭載マザー「GA-EX58-DS4」

2008年11月28日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyte製の「X58」搭載マザーボードとしては3モデル目となる「GA-EX58-DS4」の販売が今日から始まった。

Gigabyte製の「X58」搭載マザーボードとしては3モデル目となる「GA-EX58-DS4」の販売が今日からスタート。同チップ採用モデルとしては2万6000円台となると安価な価格設定が特徴となる

拡張スロット

拡張スロットはPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express(2.0) x8×2(x16形状)、PCI Express x4×1(エッジフリー)、PCI Express x1×1、PCI×2。ただしSouth bridgeのヒートシンクとPCI Express x4/PCI Express x1が干渉するのは避けられないので注意が必要だ

 ずばり「GA-EX58-DS4」の特徴は、多くのシヨップで2万6000円台となる販売価格だ。「X58」搭載マザーとしてはもちろん最安モデルとなるもので、少しでも安くCore i7環境を手に入れたいユーザーにとっては注目の製品となるだろう。
 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express(2.0) x8×2(x16形状)、PCI Express x4×1(エッジフリー)、PCI Express x1×1、PCI×2。ATI CrossFireXは2Way/3Wayをサポートするが、NVIDIA SLIには非対応となる。
 また、オンボードインターフェイスとしてRealtek/8111DによるギガビットイーサネットやRealtek/ALC888による8chサウンド、Serial ATA II×8、IDE×1、IEEE1394など。6本あるDDR3 DIMMはDDR3-2000+/1333/1066/800、最大24GBまで搭載可能だ。価格はアークとドスパラ秋葉原本店、フェイス本店、BLESS秋葉原本店で2万6980円、ソフマップリユース総合館で2万7480円となっている。

CrossFireXは2Way/3Wayをサポートするが、NVIDIA SLIには非対応。とはいえ少しでも安くCore i7環境を手に入れたいユーザーにとっては注目の製品となるだろう

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中