このページの本文へ

ASUSTeK「P5QPL-VM」

「G41」チップセット初搭載のASUSTeK製マザー発売!

2008年11月08日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VGA機能を統合したインテル製チップセット「G41」を初めて採用するLGA 775対応マザーボード「P5QPL-VM」がASUSTeKから発売となった。

「G41」 仕様
DirectX 10(Shader Model 4.0)やOpenGL 2.0 をサポートする「Graphics Media Accelerator X4500」を搭載する「G41」

 「G41」は、DirectX 10(Shader Model 4.0)やOpenGL 2.0 をサポートする「Graphics Media Accelerator X4500」を搭載するのが特徴のチップセット。とはいえ、サポートするPCI Expressは1.1、組み合わされるSouth bridgeは「ICH7」となるなど、VGA機能以外の仕様は「G31」に近いものとなっている。対応FSBは1333/1066/800MHz、メモリはDDR2/DDR3をサポートする。

「P5QPL-VM」基板 I/O部
「G41」+「ICH7」を搭載するmicroATXフォームファクタの「P5QPL-VM」。I/O部にはD-Sub/DVI-D/DisplayPortを備えている
ポップ
サポートするPCI Expressは1.1、組み合わされるSouth bridgeは「ICH7」となるなど、VGA機能以外の仕様は「G31」に近いもの

 「P5QPL-VM」は「G41」+「ICH7」を搭載するmicroATXフォームファクタの製品。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2という構成で、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-1066(O.C.)/800/667まで対応、最大8GBまで)という構成。
 オンボードインターフェイスとしてギガビットイーサネットや8chサウンド、Serial ATA II×4、IDE×1などを搭載するほか、I/O部にはD-Sub/DVI-D/DisplayPortを備えている。Core2 Quad/Duoにも対応するが、販売価格からPentium E/Celeron E/Celeron 4シリーズといった比較的ライトなCPUと組み合わせるとちょうどよさそうだ。

価格ショップ
「P5QPL-VM」
¥10,980アーク
BLESS秋葉原本店
¥11,380T-ZONE.PC DIY SHOP
¥11,980TWOTOP秋葉原本店
¥13,480ドスパラ秋葉原本店

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中