このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

RD-X8の画質をチェック

7倍録画でもきれいに残せる! 新生VARDIAの実力

2008年10月23日 09時00分更新

文● 鳥居一豊/AVライター

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「VARDIA RD-X8」

「VARDIA」の最上位機種「RD-X8」

 Blu-ray Disc レコーダー(BDレコ)の人気が急上昇している現在、多くのメーカーでは主力モデルをBDレコへと転換する動きが著しく、もはやHDD/DVDレコーダーは時代遅れでは? という印象を持ちかねない。

 そんな中で今なおHDD/DVDレコーダーに注力するメーカーが東芝だ。もともと東芝の「VARDIA」(ヴァルディア)は、優秀な編集・ダビング機能を備えていることで定評があり、多機能さでは他社の追随を許さない。

 特に1TBのHDDを内蔵するフラッグシップモデル「RD-X8」(11月中旬発売予定、実売価格13万8000円前後)は画質・音質にも磨きをかけている(関連記事)。その実力を厳しくテストしてみよう。

前面の蓋を開けたところ

前面の蓋を開けたところ。下方にビデオ入力、DV入力(IEEE 1394)、USB端子、操作ボタンなどが並ぶ

背面

背面。出力はHDMI、D4、ビデオが各1系統、入力はD1が1系統、ビデオが2系統ある。そのほかスカパー連動端子も搭載


DVDやデジタル放送をより高画質で再現する「XDE」

XDEボタン

XDEは本体またはリモコンのボタンを押すだけでオン/オフが切り換えられる

 RD-X8をはじめ、同時発売の「RD-S503/S303」の目玉機能のひとつが新開発の高画質技術「XDE」だ。

 これは、DVDなどSD画質(720×480ドット)の映像をHD画質(1920×1080ドット)に変換するスケーリング、放送信号の1080iなどのインターレース信号をプログレッシブ信号に変換するI/P変換、ノイズリダクションや輪郭強調といった高画質技術を統合した高度な映像処理回路のこと。

 つまりDVDやデジタル放送など、あらゆる映像を高画質に再現する技術だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画