このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

古田雄介の“顔の見えるインターネット”第33回

幽霊に会うマナー教えます メガ恐怖サイト「路地裏」

2008年09月29日 16時37分更新

文● 古田雄介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 真偽はさておき、オバケや心霊現象に関する伝説は世界各所に残されており、現在も生産が続けられている。古今東西、人はそうした怪談で怖いモノみたさを満たしているわけだ。

 そんな要求に応えるべく、恐怖サイトの多くは様々な工夫で読者を怖がらせている。しかし、心霊スポット探索の大御所サイト「路地裏」はちょっと毛色が違う。探索したそのままの状況をレポートするだけで、オチで恐怖に陥れるような仕掛けがない。それでいて、今も多くのファンを抱え続けている。

 管理人のTokyo-Power氏は、心霊スポットめぐりとサイト運営を続けていくうちに、その体裁を作り上げたという。その狙いはどんなものなのか、じっくり紐解いていきたい。

路地裏

 2000年6月からスタートした心霊スポット探索サイト。文章と写真によるレポートのほか、スポットで撮影した動画や心霊写真なども掲載しており、収録したスポット数は100ヵ所を超えている。

 普段は1日1000人前後のアクセス数だが、心霊関連が盛り上がる夏場や、テレビで心霊番組が放送された日は、いきなり数倍から十数倍に跳ね上がるという。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン