このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今、読んでおくべき“三大新書”第2回

満足度120%で人生にもビジネスにも役立つ

“人間らしさ”というスキルが求められる時代

2008年06月20日 20時44分更新

文● ビジネス書評家・土井英司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは。ビジネス書評家の土井英司です。先月から始まった、新書紹介コーナー「今、読んでおくべき“三大新書”」。今月も、テーマを決めて、注目の新書を紹介して参ります。

 最近の売れ筋の新書の傾向を見ていて思うのは、「悩む力」「察知力」「世渡り力」といった、人間が本来持っているべきスキルを扱った本が多いこと。知識で差がつかなくなった分、人間的スキルで差がつくようになったことや、対面のコミュニケーションが希薄になり、そういった基本的なことまでも本で学ぶ時代性が、ランキングに現れているのでしょう。

悩む力
著者:姜 尚中
出版社:集英社
価格:714円(税込)
ISBN-13:978-4087204445

 今月最初にご紹介する新書『悩む力』(集英社新書)は、「悩む」ことを肯定的にとらえ、そこにこそ「生きる意味への意志が宿っている」と喝破した、政治学者の姜 尚中さん初の生き方本

 決して読者を悩みから救うのではなく、むしろ積極的に悩むことが生きている実感を得ることにつながる、という著者の主張は、悩める現代人に、ある種の癒しを与えてくれるはずです。

 拡大する「自由」とそのなかでの「自己実現」は、現代人が直面している問題。著者は、これに対して、自我が肥大化していくほど、自分と他者との折りあいがつかなくなる、それによって人間はまた寂しくなってしまう、と警鐘を鳴らしています。

 では、どうすればこの「悩み」を解消できるのか。残念ながら本書にはその具体的な解決策は示されていません。それでも、その悩みとの付き合い方が書かれている、という点で、悩める現代人には必読の一冊。特に学生さんや若い社会人の方におすすめしたい内容です。

察知力
著者:中村俊輔
出版社:幻冬舎
価格:777円(税込)
ISBN-13:978-4344980815

 2冊目は、日本人として初めて欧州チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメントに進出したサッカー選手、中村俊輔さんによる『察知力』(幻冬舎新書)。物事の原因を察知する、危機を察知する、チームや上司に求められていることを察知するなど、評価されるために必要な「察知力」を論じた、読み応えある一冊です。

 時に、合わないチームや監督のもとで不遇な時を過ごし、それでもなお自己をストイックに成長させ、ファンを魅了してきた著者。本書には、そんな著者の職業人としての哲学、そして戦いの場面場面で彼がどんなことを考え、困難を乗り越えてきたのかが、生々しく書かれています。

 例えば、本書では著者が10年以上も続けてきた「サッカーノート」が紹介されています。著者はここに日々の練習・試合の気づきや反省を記録し、それを地道に改善し続けてきました。あの鮮やかなフリーキックからは想像もできないほどの地味なプロセス。ここから我々ビジネスマンが学ぶことは実に多いと思います。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ