このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第156回

脳はどう「心」を生み出すのか/「脳の謎」に挑む最先端研究8つ

2021年10月11日 13時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

脳はいかにして「心」を生み出しているのか?

人間の心は、脳や体、周囲の世界とのやり取りによって継続的に作り出される。私たちの脳は体の調節をするために進化したのであり、思考や感情、感覚、その他の精神的な能力は、そうした調節の結果である。

≫ 続きはこちら

ざっくり分かる:「脳の謎」に挑む最先端研究8つ

人体を構成する臓器の中でも、脳は最も謎に満ちている。明らかになっていることはごくわずかで、まだ分かっていないことが圧倒的に多い。ヒトの脳に関する8つの最先端の研究を、観光ツアー形式でざっくり紹介しよう。

≫ 続きはこちら

脳のモザイク現象は 「心の健康」に関係するか? 探究続けた研究者の20年

脳の遺伝子モザイク現象と、自閉症や統合失調症、アルツハイマー病などの精神疾患との関連性が明らかになりつつある。マコーネル博士は極貧の大学院生時代から20年以上、この分野の研究にキャリアを費やしてきた。

≫ 続きはこちら

「脳」とコンピューターは 似ている?違う? 専門家に見解を聞いた

人間の脳を「コンピューターのようなもの」とみなすことはできるのだろうか? 長年、論争の種になってきたこの疑問について、複数の専門家に話を聞いた。

≫ 続きはこちら

ディープマインドが天気予報で成果、降雨時間と場所を正確に予測

人工知能の自然科学への応用がまた一歩進んだ。ディープマインドは、英国気象庁と協力し、既存のシステムよりも短期的な気象予測に優れたツールを開発、発表した。

≫ 続きはこちら

脳インプラントでうつ病を大幅改善、個別化医療に期待

うつ病が発症する兆候を検出すると脳に電気刺激を与える装置を頭蓋骨内に埋め込むことで、うつ病の症状を大幅に改善できることを示す研究が発表された。従来の治療で効果のなかった患者に対する個別化医療として期待される。

≫ 続きはこちら

米国で導入進む「ワクチン・パスポート」、どこでどう使う?

新型コロナワクチンの接種が進み、ワクチン接種証明の提示を条件に行動制限を緩和する動きが広がっている。どのような場所でワクチン接種証明が必要になるのか、証明書を格納できるスマホ用アプリにはどのようなものがあるのか。米国での動きをまとめた。

≫ 続きはこちら

パンデミックで露呈した顔認識システムの限界

米国では政府による顔認識システムの使用が拡大している。だが、失業給付金の不正受給防止に顔認識を利用したケースでは、困窮した市民が支援を受けられない事態も発生している。

≫ 続きはこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ