このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

激化する次世代燃料ウォーズを制するのは!? 第5回

水素製造の大手に聞く「燃料としての水素」

2008年06月12日 13時00分更新

文● 真鍋裕行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今後の課題

───水素を燃料(エネルギー)として使うときの課題はありますか?

玉井 水素をいかにクリーンに製造するかということですね。水素を製造するときに、化石燃料や電気を多量に使用したら次世代燃料としての意味が薄れてきますので。また、社会的に見たら、インフラの整備が第一でしょう。いくら燃料電池自動車の開発が進んでも、供給するステーションがなかったら、走れない。それと、水素自体の値段やクルマの値段も問題になると思います。

───ありがとうございました。

岩谷産業では水素関連のイベントを積極的に開催したり、また、イベントに参加したりしている。未来の主役である、子どもたちへのセミナーも好評のようだ。この子どもたちが、大人になる頃までには水素社会の到来を期待したい


水素の未来

 今回、水素を供給する側の岩谷産業にお話を伺いましたが、水素は工業用として古くから利用されていた経緯がありました。燃料(エネルギー)としては、すでに宇宙産業用として実用化されていますが、これからは、燃料電池も含め、自動車産業への供給も行なわれることは間違いないでしょう。液化や貯蔵などの技術も確立されつつあり、実用化の目処は立っているように思われます。あとはインフラの整備さえできれば、世の中に多くの水素自動車が走る日もそう遠くないようです。

※写真提供:岩谷産業


■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン