このページの本文へ

激化する次世代燃料ウォーズを制するのは!? 第5回

水素製造の大手に聞く「燃料としての水素」

2008年06月12日 13時00分更新

文● 真鍋裕行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自動車燃料と見た場合の水素

───水素を自動車燃料として使う際の特別な技術はありますか?

玉井 現在、自動車の燃料として使われる水素は、35MPa(メガパスカル)=約350気圧に圧縮されています。その圧縮された水素をタンクに積めて燃料としています。また最近では70MPaに圧縮する技術も実用化されつつあります。このように高圧なガスを取り扱うにはさまざまな技術が必要です。

移動式

移動式水素ステーション

 水素の輸送方法も変化しています。ハイドロエッジ(前述の同社工場)ができてからは、液体にして運搬しています。液体と気体を同じ質量で考えると、800倍の体積比になります。勿論気体も圧縮して運搬していますが、液化して運搬したほうが、実質的に10倍以上効率的になるんです。

 また、水素を特別な金属に吸着させて貯蔵・運搬する方法もあります。これは使いやすさという点で優れた面をもっており、現在もさかんに研究がすすめられています。

ローリー

水素流通のしくみ

 そのほか、水素には金属を脆くする性質もあります。そのため、使用する金属についてもいろいろな研究がされています。

次のページへ続く

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン