このページの本文へ

TinyCal(タイニーキャル)

2008年04月14日 08時00分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
予定を自宅以外の場所でもチェックしたいのですが、.Macを利用していないので、iCalでは共有できません……。
A
「Googleカレンダー」を使って、Macから簡単に予定の確認やイベントの作成が行えるソフトがお勧めです。
今回紹介するオンラインウェア
TinyCal TinyCal
開発元/Pixelated Software
種類/シェアウェア(10ドル)※ベーシック版はフリーウェア
インストール/単純コピー
http://www.pixelatedsoftware.com/

.MacなしでiCalカレンダーを公開

 無料のオンラインカレンダー「Googleカレンダー」は、インターネットに接続できる環境であれば、どこからでも予定を確認したり、友人と共有できるのがウリ。それをより便利に使うためのソフトが「TinyCal」だ。

 基本はメニューバーに表示できるカスタマイズ可能な小さなカレンダーソフト。しかしシェアウェア登録後、環境設定の「Personal」タブでGoogleアカウントとパスワードを入力することで、GoogleカレンダーのイベントをMac上で表示できるようになる。

TinyCal カレンダーはメニューバーから切り離して好きな場所に配置でき、数カ月ぶんをまとめて表示することも可能。チェックを入れた自分のGoogleカレンダーの予定を表示する設定も用意されている

 また、TinyCalからイベントを作成する機能も備えている。ウェブ上で登録するよりもはるかに使いやすい。

TinyCal カレンダーの日付をダブルクリックすると、その日のイベントを作成できる。登録するマイカレンダーの選択、説明の記述、イベントの繰り返し、リマインダーの設定なども可能だ。もちろん、日本語でも問題ない

(MacPeople 2008年4月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中