このページの本文へ

SpotInside(スポットインサイド)

2008年03月24日 08時00分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
Spotlightではファイルの中身も検索できますが、結局ファイルを開いてみないと探しているものかどうかわかりません。
A
検索したキーワードを含むファイルをリストアップし、検索したキーワードをハイライト表示してくれるソフトが便利です。
今回紹介するオンラインウェア
SpotInside SpotInside
開発元/ONERIVER Software
種類/フリーウェア
インストール/単純コピー
http://www.oneriver.jp/

目的の言葉をファイルの中から探し当てる

 Spotlightではファイルの内容から検索できるが、ファイル名やQuick Lookによるプレビューでも探している書類を判断できない場合は、結局ひとつずつ開いて確認するしかない。

 しかし「SpotInside」を使って検索すると、キーワードを含むファイルをリストアップし、ファイル内のキーワードが含まれている個所をハイライト表示してくれる。目的の書類/部分をピンポイントで見つけられるので、Spotlightよりも直感的にファイルを探せる。検索履歴を保存したり、検索対象とするフォルダーを登録したりできる。

SpotInside
上部の検索フィールドで検索すると、ファイルをリストアップしたうえでファイル内のキーワードをハイライト表示してくれる。右下の「開く」を押すと、「情報」ウィンドウで指定したソフトで開ける。Leopardでは、AND/OR/NOT検索、Safariの履歴検索、Quick Look表示が可能

 さらに、ドラッグ&ドロップでファイルやSafariの履歴にタグを付ける機能も用意。このタグはSpotlightコメントとしてファイルに追加されるので、Spotlightで検索する際にも重宝する。

SpotInside
左下の歯車アイコンから「新規TagBotタグ」を選ぶと、タグ名を登録できる。このタグに検索結果やファイルをドラッグ&ドロップすると、タグの追加が可能だ。タグの削除は、「option」キーを押しながらドラッグすればいい

(MacPeople 2008年3月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中