このページの本文へ

ASRock「Penryn1600SLI-110dB」

45nm版Core2シリーズ対応の「nForce 650i SLI」マザーがASRockから発売に!

2008年02月01日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日「P35」搭載マザーボード3モデル発売しているASRockから「nForce 650i SLI+nForce 430i」を採用するLGA 775対応マザーボード「Penryn1600SLI-110dB」が登場した。

「Penryn1600SLI-110dB」 リルクプリント
ASRockから「nForce 650i SLI+nForce 430i」を採用するLGA 775対応マザーボード「Penryn1600SLI-110dB」が登場。「nForce 650i SLI」チップセット採用製品でありながら、最新の45nm Hi-k製造プロセスのCPUに対応するというのが特徴

 型番にもある“Penryn”から想像されるように、同マザーは「nForce 650i SLI」チップセット採用製品でありながら、最新の45nm Hi-k製造プロセスのCPUに対応するというのが特徴。また、オール固体コンデンサ採用でオーバークロック扱いとなるがFSB1600MHzも独自にサポートする。「P35」系マザーのようなOC時のメモリ制限もマニュアルを見る限りでは見当たらない。言ってしまえば旧型のチップセットとなるが、45nm版Core2シリーズに対応した安価なSLI対応マザーボードという“売れる”キーワードを持った製品とも言える。
 主なスペックは拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI Express x8×2(x16形状)、PCI×3、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-/800/667/533MHz、最大8GBまで)。オンボードインターフェイスには、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8211B)やIEEE1394、8chサウンド(Realtek/ALC890)、Serial ATA II×4、IDE×2などを搭載する。価格はスリートップ2号店で1万3780円、アークで1万3980円となっている。 

基板 拡張スロット
オール固体コンデンサ採用でオーバークロック扱いとなるがFSB1600MHzもサポート。「P35」系マザーのようなOC時のメモリ制限もマニュアルを見る限りでは見当たらない
I/O部 ポップ
言ってしまえば旧型のチップセットとなるが、45nm版Core2シリーズに対応した安価なSLI対応マザーボードという“売れる”キーワードを持った製品と言えそうだ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中