ASRock「4Core1600P35-WiFi+」」「4Core1600P35-WiFi」「4Core1600Twins-P35」

45nmもOK! ASRockから安価な「P35」搭載のメモリコンボマザーが一挙に3モデル!

文●増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockから「P35」を搭載したLGA 775対応マザーボード「4Core1600P35-WiFi+」「4Core1600P35-WiFi」「4Core1600Twins-P35」の3モデルが発売となった。

「4Core1600P35-WiFi+」
基板

ASRockから「P35」を搭載したLGA 775対応マザーボード「4Core1600P35-WiFi+」「4Core1600P35-WiFi」「4Core1600Twins-P35」の3モデルが発売。写真は最上位モデルとなる「4Core1600P35-WiFi+」

最上位モデルとなる「4Core1600P35-WiFi+」

コンボ仕様
Wireless LANモジュール

3モデルとも対応メモリがDDR2とDDR3のコンボ仕様となるのが特徴。上位2モデルはIEEE802.11g/b対応のWireless LANモジュールが付属する(使用時はPCIスロットが1本使えなくなる)

 3モデルとも対応メモリがDDR2とDDR3のコンボ仕様となるのが特徴。最新の45nm版Core 2シリーズへ対応するのはもちろん、オーバークロック扱いとなるがFSB1600MHzもサポートしている。以下に各モデルの特徴を紹介する。
 最上位モデルとなる「4Core1600P35-WiFi+」はSouth bridgeに「ICH9R」を採用。オール固体コンデンサを採用し、IEEE802.11g/b対応のWireless LANモジュールが付属する(使用時はPCIスロットが1本使えなくなる)。その他、主なスペックは拡張スロットがPCI Expressx16×1、AGI Express Slot×1(PCI Expressx4)、PCI×3。メモリはDDR2 DIMM×4(DDR2-1066/800/667、最大8GBまで)+DDR3 DIMM×2(DDR3-1333/1066/800、最大4GBまで)で8chサウンド(Realtek/ALC890)やギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111C)、IEEE1394(VIA/6308S)、Serial ATA II×6(RAID 0/1/10/5)、eSATA×1、IDE×1など。
 なお以下のモデルにもいえることだが、FSBの大まかな設定は基板上のジャンパで行うほか、FSB1600MHz設定時にはメモリもオーバークロック状態となる、など多少初心者ユーザーにとっては敷居の高い部分もあるので注意が必要だ。価格はスリートップ2号店で1万7800円、アークで1万8480円。

拡張スロット
ジャンパ

FSBの大まかな設定は基板上のジャンパで行う。またWireless LANモジュールはPCIスロットの間に挿して使用するため、使用時にはPCIスロットが1本使えなくなる

スペック
I/O部

「4Core1600P35-WiFi+」のブラケット部と主なスペック

省略されたのはIEEE1394だけの「4Core1600P35-WiFi」

「4Core1600P35-WiFi」
ポップ

「4Core1600P35-WiFi+」からIEEE1394を省いただけのモデルとなる「4Core1600P35-WiFi」

 「4Core1600P35-WiFi」は上記の紹介文がそのまま、「4Core1600P35-WiFi+」からIEEE1394を省いただけのモデルとなる。その他の特徴やスペックは全く同じだ。価格はアークで1万6780円。

廉価モデルの「4Core1600Twins-P35」

「4Core1600Twins-P35」
基板

一番の最廉価モデル「4Core1600Twins-P35」。基板自体は先の2モデルと同じようだが、コンデンサは液体コンデンサに。IEEE802.11g/b対応のWireless LANモジュールがなくなったほか、South bridgeはRAIDサポートのない「ICH9」となる

 「4Core1600Twins-P35」は、今回の中では一番の最廉価モデル。基板自体は先の2モデルと同じようだが、コンデンサは液体コンデンサに。IEEE802.11g/b対応のWireless LANモジュールがなくなったほか、South bridgeはRAIDサポートのない「ICH9」となる。とはいえそれ以外のスペックに変化はなく、各スロット構成なども同じ。廉価モデルというには少々もったいないスペックかもしれない。価格はアークで1万4480円だ。
 以上3モデルとも、「P35」を採用で最近では珍しいDDR2とDDR3のコンボ仕様。かつ最新の45nm版Core 2シリーズへも対応する安価なマザーボードとなっており、意外に要チェックの製品となりそうだ。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月