このページの本文へ

サイトそのままの柔らかな雰囲気

サービスでも会社でも「人を大切に」──ミクシィが考える理想的なオフィス

2008年01月30日 11時15分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コミュニケーションとクリエイティブがテーマ

会議室
受付のあるフロアーは会議室も集まっている。廊下や壁はくねくねと曲がっており、部屋ごとに異なる色で光る丸い窓が設けられている。一見すると水族館のようだ

 ミクシィのオフィスを訪れて、まず驚くのは、その眺めの良さと、丸い形の受付や、くねくねと曲がる壁ではないだろうか。会議室は外(廊下)から見ると、一見水族館かカラオケボックス風となっている。

会議室から見る夜景
会議室から望む夜景。周囲に高層のビルがないこともあり、新宿の都心や東京タワーなどがとてもよく見える

 これは、新オフィスのテーマ「社員のコミュニケーションとクリエイティブ」に則ったものだ。内装は「柔らかく丸い感じで、ゾーンごとに色を分ける」というオーダーで業者に委託したという。

 移転をした結果、フロアは部門ごとに5つに分かれたが、「コラボレーションスペース」ができたおかげで、社員同士のコミュニケーションがスムーズになったそうだ。

 コラボレーションスペースとは、社員同士の偶発的なコミュニケーションや、くつろぎや娯楽を目的として作られたスペースで、お昼ご飯を食べたり、卓球やダーツなどを楽しんだり、マッサージチェアーでくつろぐこともできるという場所だ。時折、社員全員を集めて、パーティー、月例会、サークル活動の報告会、イベントなども行なわれるのだ。

コラボレーションスペース
コラボレーションスペース。執務エリアを除く、フロアーの半分ほどの面積が割り当てられている。ここも複数のエリア(床の色で区別)に分けられており、卓球台やビリヤード台が置かれた写真の遊戯スペース意外にも高級スパを思わせるエリアや、昼食などを気軽に取れる談話エリア的なものも用意されている

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン