このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週末見るコンテンツはコレ★第22回

【週末見るコンテンツはコレ★】

新春大食い番組に飽きたら映画もね! 2008年一発目はねずみにまつわる3作品!!

2008年01月11日 20時00分更新

文● 大石太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2008年は子年(ねずみどし) ということで、本年第一弾はねずみにまつわる映画を紹介する。アメリカン・ニューシネマの代表作「真夜中のカーボーイ」、動物愛護と因果応報を示唆する「ウィラード」、磯山さやか主演のセクシーアクション「女ねずみ小僧 ただいま参上!」の3作品だ。

ああ、ニューヨーク砂漠……
男たちの孤独と友情を描く
「真夜中のカーボーイ」

「真夜中のカーボーイ」のパッケージ
「真夜中のカーボーイ」のパッケージ。(C)2008 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

真夜中のカーボーイ
DVD発売中
価格:1490円
20世紀フォックス ホームエンターテイメント


発売日:2007年10月24日
http://www.foxjapan.com/

 子年一発目に観たい映画といえばコレ。アメリカン・ニューシネマの傑作「真夜中のカーボーイ」(Midnight Cowboy)だ! ダスティン・ホフマンの役名がラッツオ(ネズミ野郎)だからねずみ映画、というのは強引かもしれないが、逆に「ネズミ」と聞いてなんとなく思い浮かんでしまうぐらい、心に残る名作だ

 ここで絶対に言ってはいけないのが、「“カーボーイ”じゃなくて、“カウボーイ”じゃないの?」という突っ込み。邦題をカーボーイにしたのには意味がある。都会的な雰囲気を演出するためにCow(牛)ではなく、Car(クルマ)を当てたのである。ちなみに名付け親は水野晴郎先生。これ豆知識ね。

 大都会ニューヨークで一旗あげようと、意気揚々とテキサスからやってきたジョー。自慢のルックスで女どもから金を巻き上げようとするも、逆にむしり取られる始末。絶望感に打ちひしがれるなか、出会ったのがラッツオと呼ばれる小男。お互いに利用するつもりで接近するも、いつしか2人は奇妙な友情で結ばれるのだが……。

 お人好しで単純明快な田舎者のジョーと、狡猾で薄汚い都会の詐欺師ラッツオ。共通するのはすべてに見放された社会的弱者だということ。今風に言うなら下流といったところ。

 そんな2人が見つけた新たな夢はフロリダに行くこと。行ったところでどうなるものではないことは分かっている。それでも今いる場所よりはマシだろうと、なけなしの金をはたいて長距離バスに乗り込む2人。そこで待っていたものとは……。

 アメリカンドリームの終焉を社会的弱者の視点から描ききった傑作。物語は暗いトーンで進むのだが、絶望的な状況にあるからこそ、ジョーとラッツオの友情が胸を打つ。

 イギリス人監督ジョン・シュレシンジャーのクールな演出もさることながら、ジョー役のジョン・ボイト(アンジェリーナ・ジョリーの親父)、そしてダスティン・ホフマンの演技が素晴らしい。

 アメリカン・ニューシネマの枠を軽々と超え、映画史に燦然と輝く名作中の名作だ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン