このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

週末見るコンテンツはコレ★第43回

スーパースター軍団の先駆者「ペレを買った男」

2008年06月06日 22時21分更新

文● 大石太郎、イラスト●加藤 豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
タイトルイラスト
ジョルジュ・キナーリャのように、同僚に嫌われようとも社長に認められればオールOK! ゴマをするなら社長に限る

ペレを買った男



「ペレを買った男」のパッケージ
「ペレを買った男」のパッケージ。(c)GreeneStreet Films LLC.

 サッカー不毛の地と言われ続けてきたアメリカ。94年のW杯アメリカ大会以降はかなりの盛り上がりを見せているが、欧州や南米の熱狂と比べると……。

 そんなアメリカに70年代後半、突如としてサッカーブームが訪れる。

 最盛期には7万人の観客がスタジアムに集結し、W杯のような熱狂を見せ、ファンは口々にサッカーの素晴らしさを語る。サッカーは確かにアメリカでメジャースポーツの仲間入りを果たしていた。

 仕掛け人はスティーブ・ロス。ワーナー・コミュニケーションズ社のCEO兼社長兼会長だ。ワーナー・ブラザーズ映画をはじめ、アトランティックレコードなど6つのレコード会社、ゲーム会社のアタリまでも傘下にもつ元祖メディア王が、サッカーをメジャーリーグ級の人気スポーツにするという野望を抱き、一世一代の大勝負に出る!

ニューヨーク・コスモスがペレを獲得
ニューヨーク・コスモスがペレを獲得

 プロサッカークラブ「ニューヨーク・コスモス」を創設し、発足したばかりの北米サッカーリーグに参加するも、人気も成績も上がらない。 起死回生の策としてロスが行なったのはスーパースターの招集。王様ペレを獲得するというウルトラCだった。そして、皇帝ベッケンバウアー、カルロス・アウベルトといった名だたるスーパースターを次々に迎え入れ、スタジアムは世界最高のプレーをこの目で見たいというファンが駆けつけるようになる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン