このページの本文へ

求人広告

情報収集ツールとチェックポイント

2006年09月25日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

求人広告


情報収集の判断材料としては最も有効

 新聞や転職情報誌、そしてインターネットの求人サイトなど、中途採用情報が得られるメディアはいくらでもあります。広告には、募集職種に始まり、その仕事に就くために必要な資格や応募条件、待遇、募集背景、会社概要などの情報が満載です。

ここをCheck!

・採用条件
 年齢や経験、資格の有無など、企業が採用したい人の条件が記されています。もちろん条件をクリアしていることが望ましいですが、多少その条件から外れていても自分ができると思うなら、トライしてみてもいいでしょう。
・求める人物像
 経営者や先輩社員のインタビューを掲載している求人広告をよく目にします。ここで、「こんな人と一緒に働きたい」という企業からのメッセージがたくさん見つかるはずです。自分はその期待に応えられるのかどうか、しっかり読み込んで考えておきましょう。
・教育制度
 社内外の研修、資格取得のバックアップなど、社員の育成に投資する企業は増えています。できるだけ早いキャリアアップを望むなら、教育制度に力を入れている企業を探すとよいでしょう。
・企業風土
 平均年齢が若い、成果主義を徹底、残業いっさいなし、など企業風土は十社十色。社内の写真や、社員のインタビューなど、求人広告の中で企業風土が伝わる情報が掲載されているはずです。

新聞・雑誌・インターネット会社案内・ホームページ会社四季報ハローワーク・人材紹介会社クチコミ

Next:Step 4 応募書類を作成し、企業へ応募する

 企業情報の収集・整理はできましたか?次のステップでは応募書類を作成し、いよいよ希望する企業へ応募しましょう。

Step 4を読む

  • Step1Step2Step3Step4Step5Step6

戻る採用を勝ち取る転職必勝マニュアルトップへ戻る

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ