このページの本文へ

Pando(パンド)

2007年12月31日 00時00分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
インターネット経由で数百MBのファイルを送りたいのですが、メールでは添付できません。いい方法はないですか?
A
専用サーバーにファイルをアップロードし、メールやチャットでダウンロード用URLを知らせるソフトが役立ちます。
今回紹介するオンラインウェア
Pando Pando
開発元/Pando Networks
種類/フリーウェア
インストール/単純コピー
http://www.pando.com/

P2P技術を使って大容量データを送信

 メールに添付できるファイルサイズには、プロバイダー(SMTPサーバー)ごとに制限があり、デジカメ写真や動画のように1ファイルが数MB以上あるファイルのやり取りにはもはや役に立たない。P2Pネットワークを介して合計1GBまで送信できる「Pando」を使ってみよう。

 使い方は簡単。「Share New」メニューから「Email」を選び、送りたいファイルやフォルダーをウィンドウにドラッグ&ドロップして送信先のメールアドレスを入力。あとは「Send」ボタンをクリックすれば、相手側に「~.pando」というファイルが添付されたメールが届く。このファイルをダブルクリックすればダウンロードが始まる。

Pando
「Share」メニューで「IM」か「Web」を選ぶと、ダウンロード先のHTMLコードを取得できる(左)。ファイルの添付には、右上の「Browse」ボタンから写真や動画を選択できるほか、Finderからのドラッグ&ドロップも可能(右)

 なお、受け取る相手側もソフトをインストールしておく必要がある。届いたメール本文に記載されているリンクから事前にインストールしておくように、ひと言添えておこう。

Pando
ファイルの保存期限は「Email」「IM」が7日間で、「Web」が30日間。なお、日本語のファイル名やメール内のテキストは文字化けしてしまうので、あらためてメールで連絡しておくと親切だ

(MacPeople 2007年12月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中