このページの本文へ

スマート収納

2007年11月23日 10時58分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
Safariでダウンロードしたファイルなどで、いつもデスクトップがごちゃごちゃです。簡単に整理する方法は?
A
ファイル名などでルールを作り、指定したフォルダーに自動的に振り分けるツールを使ってみましょう。
今回紹介するオンラインウェア
スマート収納 スマート収納
開発元/ONERIVER Software
種別/フリーウェア
インストール/単純コピー
http://www.oneriver.jp/

ダウンロードフォルダーは自動振り分けが整理のコツ

 多くのユーザーがファイルの保存先にデスクトップを使っている。OS X Leopardでは専用のダウンロードフォルダーが用意されたものの、OS X 10.4まではSafariの標準のダウンロード先がデスクトップのため、ついつい整理を忘れがち。フォルダーに分けて整理したほうがスッキリするが、分類するのも面倒だ。そんなときは「スマート収納」の出番。「Mail」のようなルールによって自動的にファイルを振り分けてくれるツールだ。

 ルールとして指定できる項目はファイル名、拡張子、UTI(データタイプを識別するための文字列)、ファイルサイズ、更新時刻、最後に開いた時刻の6種類。ルールを実行するスケジュールを設定すると、対象フォルダーからルールに適合したファイルを選び出し、所定のフォルダーや「ゴミ箱」に移動してくれる。

スマート収納
監視するフォルダーはルールごとに1カ所だけ指定可能。ひとつのフォルダーに複数のルールを適用するときは矛盾しないように注意。移動先に同名のファイルがある場合は、ファイル名を変更/移動しない/上書き——の中から選択できる

ルールは上から順番に適用されるので、一定期間開いていないファイルはゴミ箱に捨て、動画だけは「ムービー」フォルダーに移動するといった運用も可能だ。

スマート収納 ルールを実行するタイミングは時間単位で設定できる。常時動作させるにはソフトを起動しておく必要があるので、「システム環境設定」の「アカウント」で「ログイン項目」に登録しておくといい

(MacPeople 2007年11月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中