このページの本文へ

2万5000円台から購入可能な「X38」搭載マザーがabitから販売開始!

2007年11月07日 21時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeK、Gigabyteに続く3メーカー目の「X38」搭載LGA 775対応マザーボード「IX38 QuadGT」がabitから発売となった。同チップ搭載モデルとしては安価な2万5000円台という価格が特徴だ。

「IX38 QuadGT」パッケージ 「IX38 QuadGT」基板
ASUSTeK、Gigabyteに続く3メーカー目の「X38」搭載LGA 775対応マザーボード「IX38 QuadGT」がabitから発売。今まで3万円を切った価格での販売が確認されていなかった「X38」搭載マザーだったが、ようやく手頃なモデルの登場だ

 製品はNorth-South bridge間とメモリスロット横のヒートシンクをヒートパイプで接続。ヒートシンクは別にデジタルPWM周りにも搭載されている。
 主なスペックはSouth bridgeが「ICH9R」。拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×1、PCI×2、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-1066/800/667、最大8GBまで)。オンボードインターフェイスには、ギガビットイーサネットやIEEE1394、8chサウンド、Serial ATA II×6(RAID対応)、eSATA×2、IDE×1などを搭載する。
 本日入荷を確認したアークでは、価格が2万5800円。今まで3万円を切った価格での販売が確認されていなかった「X38」搭載マザーだったが、ようやく手頃なモデルが登場してきたといえそうだ。

スロット I/O部
拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×1、PCI×2。オンボードインターフェイスも一通り備えI//O部にはCMOSクリアボタンも備えている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中