このページの本文へ

日本ではツクモだけ!「X38」搭載マザー最安モデルがGigabyteから!

2007年10月26日 22時10分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteから「X38」搭載のLGA 775対応マザーボード「GA-X38-DS5」が登場した。メジャーブランドのマザーとしては珍しく、国内では九十九電機の独占販売モデルとなる。

九十九電機の独占販売
Gigabyteから「X38」搭載のLGA 775対応マザーボード「GA-X38-DS5」が登場。メジャーブランドのマザーとしては珍しく、国内では九十九電機の独占販売モデルとなる
「GA-X38-DS5」
スペック上の主な違いはデュアルギガビットイーサネット→ギガビットイーサネットになった程度。細かなところでは基板裏面のヒートシンク「Crazy Cool」が省略されるなどといった点もある

 「GA-X38-DS5」はすでに同社から販売中の「GA-X38-DQ6」の下位モデルにあたる製品。とはいえスペック上の主な違いはデュアルギガビットイーサネットがギガビットイーサネットになった程度。細かなところでは基板裏面のヒートシンク「Crazy Cool」が省略されるなどといった点もあるが、下位モデルというほどスペック的な見劣りはない。それでいて価格は3万1001円(発売記念価格、通常は3万2980円)と、現在販売されている「X38」搭載マザーでは最安となる。

 主なスペックはSouth bridgeが「ICH9R」。拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×3、PCI×2、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-1066/800/667、最大8GBまで)。オンボードインターフェイスには、ギガビットイーサネットやIEEE1394、8chサウンド、Serial ATA II×8(RAID対応)、IDE×1などを搭載。Gigabyte独自機能として、オーバークロックを前提にFSBが1600MHzまで対応している。販売しているのはTSUKUMO eX.とツクモパソコン本店IIだ。

ポップ
価格は3万1001円(発売記念価格。通常は3万2980円)。もちろん現在販売されている「X38」搭載マザーでは最安の製品となる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中