このページの本文へ

「X38」搭載マザー本日解禁!GigabyteのDDR2対応最上位モデル「GA-X38-DQ6」!

2007年10月10日 23時05分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Intel 3」シリーズチップセットの最上位モデルとなる「X38」を採用するマザーボードの発売が、本日10日から解禁となった。ASUSTeK「P5E」に続き、ここではGigabyte「GA-X38-DQ6」を紹介しよう。

X38 X38
「Intel 3」シリーズチップセットの最上位モデルとなる「X38」を採用するマザーボードの発売が、本日10日から解禁となった。ASUSTeK「P5E」とGigabyte「GA-X38-DQ6」が店頭に並んでいる
「GA-X38-DQ6」 「GA-X38-DQ6」
DDR2メモリ対応の「X38」搭載マザーでは同社の最上位モデルとなる「GA-X38-DQ6」

 主な特徴を羅列すると、電流の抵抗値が少ない低発熱な低RDS(on)MOSFET、高効率なフェライトコア(コイル)、日本メーカ製の耐久性固体コンデンサの採用、12フェーズの電源回路、全銅製のサイレントパイプ設計など。DDR2メモリ対応の「X38」搭載マザーでは同社の最上位モデルとなる。
 スペックはSouth bridgeが「ICH9R」。拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×3、PCI×2、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-1066/800/667、最大8GBまで)という構成。またオンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネットやIEEE1394、8chサウンド、Serial ATA II×8(RAID対応)、IDE×1などを搭載。なおGigabyte独自機能として、FSBは1600MHzまでオーバークロックを前提に対応している。価格および販売ショップは以下の通りだ。

スロット 基板裏面
拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×3、PCI×2。基板裏面にもヒートシンクを備える
I/O部 スペック
デュアルギガビットイーサネットやIEEE1394、8chサウンド、Serial ATA II×8(RAID対応)、IDE×1などを搭載するなど最上位モデルにふさわしい作りだ
価格ショップ
「GA-X38-DQ6」
¥34,800テクノハウス東映
パソコンハウス東映
¥34,938クレバリー1号店
クレバリーインターネット館
¥34,980ZOA秋葉原本店
¥35,970フェイス秋葉原本店
フェイスアキバ店(完売)
¥35,980高速電脳
BLESS秋葉原本店
¥35,980TWOTOP秋葉原本店
¥36,000アーク
ソフマップリユース総合館
¥36,980ドスパラ秋葉原本店
T-ZONE.PC DIY SHOP
¥37,700ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中