このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

新型マックを分解! 「マックラップ」の中身は「ハーフコア」だった

2007年11月06日 22時33分更新

文● アスキー・ジャンク部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「iPodだろうとMacBookだろうと、新製品はまずバラす! 中身を見ないと気が済まない!」

 そんな分解マニアのわれわれのハートをとらえたのがこれ、マックの新商品「マックラップ」だ! マックラップは、トルティーヤ生地で具材を包んだ新商品で、「チキンシーザー」と「えびサウザン」の2種類のラインナップがある。

マックラップ
左が「えびサウザン」。右が「チキンシーザー」。価格は共に210円~240円(地域によって異なる)

 日々時間に追われるIT系ニュースサイトの編集者にとって、マクドナルドは強い味方。そんなマックの新メニューとあればレビューしないわけにはいかない! というわけで今回は、マックラップの気になる中身に迫ってみる!



どこかで見たことがあるチキンシーザーの中身


 パクっとかぶりつきたくなる気持ちをおさえつつ、さっそく分解作業に入る。

 まずは「ガワ」から外していこう。チキンシーザーの外装は、メキシコ料理で使われるトルティーヤという生地。生地を開いてみると、上からチキンの半身、チーズ、レタスの三層構造であることが分かる。

チキンシーザー分解図1 チキンシーザー分解図2
包装紙をはがした状態半分にカットされたチキンパティ。なんとなくさみしい絵

 気になるのはパソコンのCPUに相当するモノ、すなわち肉! ということで、チキンをよく観察してみると、う~んどこかで見たような気が……。試しに2つのチキンシーザーの中身をくっつけてみたらやっぱり! 「チキンフィレオ」のチキンと同じものであることが判明。まぁ、パーツの流用はパソコン業界でもよくあることだけど、「デュアルコア」「クアッドコア」の時代に、「ハーフコア」なんて、ちょっぴり悲しい……。 

チキンシーザー分解図3 チキンフィレオ分解図
やっぱりチキンフィレオの中身と一緒チキンフィレオのチキンパティ

 肝心の味付けは、チキンフィレオが甘みのあるマヨネーズ風味なのに対し、チキンシーザーは酸味のあるシーザードレッシングがメイン。コショウがピリッと効いていてなかなか美味しい。ただ、トルティーヤ生地が意外とぶ厚いので、もう少し濃い味付けの方がしっくりくる気がする。

 ちなみに、えびサウザンの方はというと、中身も味も「えびフィレオ」とまったく一緒だ

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン