このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

mixi発「夢のカップめん」、その正体は超B級!

2007年11月08日 21時55分更新

文● アスキー・ジャンク部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジャンクパーツとジャンクフードをこよなく愛するアスキー・ジャンク部。そんなわれわれに耳寄りのニュースが届いた。エースコックが一般消費者からアイディアを募り、「夢のカップめん」を発売するというのだ!

「コブかみ」さん
mixiコミュニティ「カップめん開発オーディション」の管理人で、エースコック社員の「コブかみ」さん

 エースコックは、6月からmixi内で「夢のカップめん開発プロジェクト」というコミニティを立ち上げており、mixiユーザーから新商品のアイディアを募集している。その結果735件のアイディアが集まり、エースコックによる選定とユーザー投票から、2つのアイディアが商品化されることになったという。

 いったいユーザーの声から生まれた「夢のカップめん」とはどんなものか? 8日に開催された記者発表会兼試食会にさっそく乗り込んできた!



これぞB級! 「つゆ焼きそば」


 今回発表されたのは、「つゆ焼きそば」と「カレーラクサ春雨」の2種類。

 われわれが期待を寄せているのがこちらの「つゆ焼きそば」。なんとこれ、焼きそばにラーメンのスープをかけて食べるという、かなりユニークな食べ物。

つゆ焼きそば
「つゆ焼きそば」。価格230円。12月10日発売予定

 「ラーメンと焼きそば両方食べたいなら混ぜちゃえばいいじゃん」といった、ラーメンライス的なノリがジャンク部のハートをわしづかみにするのだ。

 「なんで焼きそばにスープいれちゃうの? 焼きそばの意味ないじゃん!」なんて無粋なことは言わない。むしろこれは、ラーメンライスのネクストレベル! 新たなB級グルメの誕生を予感させるものだ!

 さて、この「つゆ焼きそば」、実は青森県黒石市発祥の食べ物だそうだ。黒石市の住民はなぜか昔から焼きそばが大好きで、朝から焼きそばはもちろん、飲食店では、焼きそば+ごはん+味噌汁の「焼きそば定食」が人気だという。さらに、驚きなのは「焼きそばオードブル」の存在。読んで字のごとく、このメニューを注文すると、オードブル皿に3~4人前の焼きそばだけが盛られてくるというのだ! もうどれだけ焼きそば好きなのかと突っ込みたくなる。

 そんな黒石市で「つゆ焼きそば」が生まれたのは、昭和30年代後半のこと。最近になってブームが再燃し、黒石市のあちこちの店で作られるようになったという。昨年末ごろからマスコミで取り上げられるようになり「B級グルメの筆頭」と称されるようになったとか。

 前置きが長くなったが、続いて肝心の味についてレポートしよう。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン