このページの本文へ

AppCleaner(アップクリーナー)

2007年11月01日 10時15分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
不要なソフトを削除したいのですが、アンインストーラーが付属していませんでした。ソフト本体を「ゴミ箱」に捨てるだけで大丈夫ですか?
A
ソフトの関連ファイルを探し出すツールを使って、まとめて削除しましょう。
今回紹介するオンラインウェア
AppCleaner AppCleaner
開発元/Free Mac Soft
種別/フリーウェア
インストール/単純コピー
http://www.freemacsoft.net/

アプリケーションの関連ファイルを一気に検索/削除

 OS Xのソフトは、インストール時や初回起動時に「ライブラリ」→「Preferences」フォルダーなどに関連ファイルを作る。単にソフトを削除するだけではこれらのファイルは残るが、問題が起きるようなケースはほとんどない。とはいえ、ディスク容量を消費するし、できればソフトと一緒に削除したいところ。専用のアンインストーラーがない場合は、「AppCleaner」を使ってみよう。

 削除したいソフトをAppCleanerのアイコンにドラッグ&ドロップすると、ソフト名やインストールログから関連ファイルを検索するので、右下の「×」ボタンをクリックすれば、ソフトとともに「ゴミ箱」に移動できる。

AppCleaner
誤って必要なソフトをドラッグ&ドロップしたときは、右下の「←」ボタンをクリックすると元のウィンドウに戻れる。似たようなソフト名の設定ファイルが抽出されることもあるので、必要なソフトは「環境設定」タブで保護しておこう

Dashboardウィジェットやコンテクストメニュー、環境設定パネル、スクリーンセーバーなども削除可能だ。

AppCleaner
「ウィジェット」タブではウィジェットを、「その他」タブでは「システム環境設定」パネルなどをリストアップ。複数の項目にチェックを入れて、右下の虫メガネアイコンをクリックすると、関連ファイルを探し出してくれる

なお、ソフト名に同じ単語が含まれていると、別のソフトの関連ファイルも検出することがあるので、削除する前に必ずファイル名を確認しよう。

(MacPeople 2007年9月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中