このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発! 第67回

ファイルのコピー・移動が格段に便利になった

2007年10月22日 00時00分更新

文● 柳谷智宣 アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows XPでのファイルコピー・移動操作

Windows XPでは、選択しているファイルの数はステータスバーを表示していないと分からない

Windows Vistaでのファイルコピー・移動操作

Vistaでは選択しているファイル数がサムネイルの上に大きく表示され、動作もポップアップ表示されるので、コピー・移動の操作ミスを防げる

この機能はWindows Vistaの全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

 Windows Vistaのエクスプローラでは、複数ファイルをドラッグ&ドロップでコピー・移動する際に、マウスポインターの先に付くアイコンにサムネイルやファイルの数が表示されるようになった。また、ドロップ先のフォルダにマウスポインターを合わせた時に、コピーか移動を文字で表示するなど、分かりやすくなっている。

 Vistaのエクスプローラでファイルをコピー・移動すると、XPと比べて細かい動作が改善されているのに気が付く。前述のとおり、複数ファイルをコピー・移動する際に、ファイルの数やサムネイルが表示される。その状態でコピー先のフォルダーにポインターを合わせると、「××へコピー」「××へ移動」といった具合に、行なおうとしている動作がポップアップで表示される。XPでは小さな「+」マークの有無で判断するしかなかったのだから、ずいぶんと分かりやすくなった。

コピー・移動のどちらでも動作が文字で表示されるので、迷わずにすむ

コピー・移動のどちらでも動作が文字で表示されるので、迷わずにすむ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン