このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

七夕の日、武道館が熱く燃え上がる! “Animelo Summer Live2007 Generation-A”レポート

2007年08月02日 22時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 そして“アニサマ”といえば、この人たちの存在を忘れてはいけない。影山ヒロノブさん、、松本梨香さん、遠藤正明さん、きただにひろしさん、奥井雅美さん、福山芳樹さんのアニソン界の大物たち6人によるユニット「JAM Project」〈JAPAN ANIMATIONSONG MAKERS〉が登場。炎も吹き上がる激熱のステージで“スーパーロボット大戦”シリーズの3曲「Break Out」「VICTORY」「SKILL」を大熱唱。

 ソロパートのラストを飾るは、声優界きっての美声を誇る歌姫、水樹奈々さん。前半のパートでは奥井雅美さんや宝野アリカさんとデュエットした彼女が、最後に美声で武道館を多いに盛り上げる。
「WILD ARMS the Vth Vanguard」の「Justice To Believe」、「魔法少女リリカルなのはStrikerS」の「SECRET AMBITION」、先日発売されたコンシューマゲーム「SHINING WIND」の「Heart-Shaped chant」とオープニング曲を3曲を熱唱した。

「Justice To Believe」を歌い上げると、キラキラと輝くステージ衣装を脱ぎ捨て、白の白とピンクの愛らしい衣装にチェンジ
「Heart-Shaped chant」をライブで歌うのは、今回が初めてとのこと

 水樹奈々さんが歌い終わるとともに影山ヒロノブさんと奥井雅美さんがステージに登場し、最後の出演者全員でイベントソング「Generation-A」を歌うための準備が整うまでトークを繰り広げた。準備が整いフィナーレへ。

ステージに登場した影山ヒロノブさんは水樹奈々さんを「水樹のアニキ!」とよび、奥井雅美さんに「水木違い!」と突っ込みを入れた
イベントソング「Generation-A」には、それぞれに個別のパートが用意され一人一人がのびのびと歌い上げた

 出演者がステージを後にすると、客席からはアンコールのコールが5分以上にわたって響き渡った。今回のイベントTシャツに着替えた出演者がステージの上に姿を見せ、昨年のイベントソングを「OUTRIDE」を熱唱。さらに、バックバンドやダンサーズも登場し、今度こそ本当のファイナルソングとして「Generation-A」を歌い、5時間にわたる熱いイベントはグランドフィナーレを迎えた。

出演者たちはイベントTシャツに着替え、再びステージに登場。1曲目を歌い上げると、今日の感想を一人一人が語り始め、出演者の中には感極まって涙ぐむ姿も
最後はバックバンド、ダンサーたちもステージ上に姿を見せ、「Generation-A」を熱唱。最後は、全員でステージの端までいき、客席に挨拶をして終了

 [(C)Animelo Summer Live 2007/DWANGO]

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ