このページの本文へ

七夕の日、武道館が熱く燃え上がる! “Animelo Summer Live2007 Generation-A”レポート

2007年08月02日 22時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 茅原実里さんは歌い終わると2007年にメジャーシーンに登場した「Cy-Rim rev.」(サイリュームレボリューション)の2人を呼びだし、紹介。ヴォーカルのmiruさんと茅原実里さんのは2人でしばしトークを繰り広げた。そして、Cy-Rim rev.の皆さんは、夏に発売を予定しているデビュー曲「恋のDice☆教えて」を熱唱。

トークでは、茅原実里さんがmiruさんが掛けているメガネが伊達といきなり暴露、いいのか!?
ヴォーカルのmiruさんのマイクの先には、超特大のサイリュームが付けられていたが、これはもしかしてスターウォーズのライトサーベル?
ヴォーカルのmiruさんはブラックゴスペルシンガー、相方のMASAさんはアイリッシュサウンドの影響を受けて音楽活動をしていた2人がA-POP界に一石を投じるのがCy-Rim rev.

 「Cy-Rim rev.」が歌い終えると、ステージは一瞬の沈黙に包まれた。そして「ALI PROJECT」の「聖少女領域」のイントロが流れ出すと、ステージ上に白の幻想的なドレスを身にまとった宝野アリカさんと、黒のゴシック調のドレスを着る水樹奈々さんが姿を見せ、コラボ。歌い終えると宝野アリカさんが「今度、奈々ちゃんの曲を歌わせてください」と爆弾発言、それを聞いた水樹さんは「思わず観客に、みんな証人だからね」と大興奮。

 
2人の身に着けている衣装はアリカブランドのものだという。今度は、お互いが着ている衣装を取り替え用といったほほえましい約束も
手を取り合って、ステージ中央を客席まじかまで進んだ2人。トークを終えて引き上げるときも仲良く手をいでいた

 ここで女性ファンお待ちかね“遥かなる”シリーズでおなじみ、男性出演者のトップバッター高橋直純さんが登場。頭からハイテンションに新曲「てのひら」を歌った。トークは持ち前のハイテンショントークが爆発させたと思ったら、一転「RADIOアニメロミックス」のエンディング「君に会えてよかった」をしっとりと歌い上げた。

昨年にもまして、熱く熱く歌う直兄、かっこよすぎ!!
「君に会えてよかった」では、観客と共に歌い上げ、会場が1つになっていた

 アニメファンからの注目を浴び、奇跡の歌姫と称される栗林みな実さんが続いて登場。今年の春まで放送されていた「スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウオーズ」のエンディング「Yell!」を熱唱。3回連続の出演ということもありトークも余裕たっぷりでこなすと「クロノクルセイド」のオープニング「翼はPleasure Line」を歌った。

今回の衣装はできるだけ布をできるだけ少なくしようと思い、これ以上少なくできないであろう衣装を選んだとのこ
「翼はPleasure Line」の最後には、元気な曲のイメージそのままにジャンプをしてしめた

 インドネシア語で“声”を意味する名前を持つ美声の持ち主Suaraさん。「うたわれるもの」オープニング「夢想歌」と最終話で流れたエンディング「キミガタメ」を歌った。普段は、標準語でしゃべっていることの多いSuara。トークでは「最高やでーー!」とお国の言葉関西弁も飛び出した。

力強い声で歌うSuaraさんの姿に、会場は静まり返り、客席のサイリュームもバラードのように静かに弧を描いていた
歌う姿からは想像も付かないはっちゃけっぷりがトークも飛び出したが、歌声は胸に響き、歌が終わると客席から「感動した」という声も

(次ページへ続く)

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ