このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

OSも液晶もゲーミングデバイスも!

予算15万円でゲーミングパソコン一式を全部そろえる

2019年09月25日 19時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 低価格化とともに進んでいるCPUのメニイコア化や、GPU(ビデオカード)の性能向上。おかげで高性能かつ低価格なゲーミングPCが増加しており、ノートPCでも10万円程度でカジュアルゲーミングを楽しめるようになっている。

 とは言え、高コスパなゲーミングマシンの本命は、コストをトコトン追求してパーツを選べるデスクトップPCにある。

自作なら、PCとOSはもちろん、液晶ディスプレーとゲーミングデバイスを含めた環境を予算15万円でそろえられる

 自作なら、ゲーミングPCにベストな物理6コアのCPUや、NVIDIAのミドルレンジGPU搭載ビデオカード、NVMe M.2 SSDといったスペックを使って構成できるうえ、144Hz駆動の液晶ディスプレーや、ゲーム向けキーボード、マウス、ヘッドセットといったデバイス関連を含めたゲーミング環境を予算15万円でそろえられる。

旬な要素を備えつつ高コスパを目指す
15万円で組むゲーミングPC

編集部厳選パーツはコレ。液晶ディスプレーとゲーミングデバイスを除くPC本体の総額は11万4000円となる

 コストを重視するあまり、快適なゲーミングができなくなるのは本末転倒。コスパはもちろん、ゲームを快適に遊べるラインの維持や、旬な要素といった点を考えつつ、厳選したPCパーツ構成がコレだ。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!