ASCII倶楽部

このページの本文へ

Swift Playgroundsで学ぶiOSプログラミング ― 第30回

UIGestureRecognizerクラスを使えばOK

フリック操作で前のページに戻る機能を実装する

2017年03月06日 17時00分更新

文● 柴田文彦 編集●吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回は、iOSのフレームワークの1つ、WebKitに含まれるウェブビューを使って、ごく簡単なウェブブラウザーもどきのアプリを作成してみました。ただし、任意のURLを入力する機能は持たず、最初にGoogleの検索ページを開き、目的のウェブサイトを探して飛ぶというものでした。さらに、「戻る」ボタンも装備していないので、前のページに移動することもできません。行ったら行きっぱなしで、新たなサイトを開くには、プログラムを再起動する必要もありました。

 今回から、前回のブラウザーもどきに手を加えていきます。ただし、いちどに多くの機能を実現するのは無理なので、今回は「戻る」機能を加えることにします。なんだそれだけか、と思われるかもしれませんが、ユーザーインターフェースが絡んでくると、とたんにプログラミングの手間が増えるものなのです。

 ユーザーインターフェースの中でも、「戻る」ボタンや、URLを入力するテキスフィールドといった部品を画面に配置するのは、なかなか面倒です。それぞれがビューとなっているので、1つのビューの上に他の複数のビューをうまく配置しなければならないからです。Swift Playgroundsには、そのためのツールも備わっていません。そこで今回は、ジェスチャーを使って「戻る」操作を表現することにします。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!