このページの本文へ

DJコジマの作業“中”BGM第8回

Bibio「A Mineral Love」

懐かしくて新しい、不思議なビビオの世界【倶楽部】

2016年07月01日 16時00分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Image from Amazon.co.jp
A Mineral Love [帯解説 / ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC507)

2016年上半期、一番聴いたアルバムは

 早いもので、2016年も半分が終わってしまいました。

 上半期は筆者も精力的に働いていた(ということにしておいてください)わけですが、とくに「ASCII倶楽部」がスタートし、日々聴いている音楽、感じている物事を、毎度短めながらも読者のみなさんに伝えられる場所ができて、たいへんうれしく思っています。これからもお付き合いのほどを。

 さて、筆者が作業中に聴いていたナイスな音楽を紹介する本連載ですが。下半期のスタートということで、今年の上半期にリリースされたアルバムの中でも、一番よく聴いていたものを紹介させてください。

 ビビオ「A Mineral Love」です。

 ビビオはワープ・レコーズ所属の、イギリスのアーティスト。ワープといえば1990年代はテクノ・ミュージックの代表的なレーベルでしたが、その後は自身のイメージにとらわれないリリースも増えていき、!!!(チック・チック・チック)、バトルス、ブロードキャストなどの作品もリリースするようになりました。

 筆者のような90年代テクノ好きとしては、ベッドルームで聴くテクノを提唱した「アーティフィシャル・インテリジェンス・シリーズ」の諸作品に、強烈に“未来”を感じたものです。ブラック・ドッグ・プロダクション「Bytes」などは、いまだに輝きが色あせていないと思える、筆者の愛聴盤。

■Amazon.co.jpで購入

 やや話がずれました。このビビオの新譜も、最近のワープのカラーを端的に表しているといえましょう。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!