このページの本文へ

DJコジマの作業“中”BGM第21回

Reinbert De Leeuw「The Early Piano Works」

激遅「ジムノペディ」を楽しむ 雨音はサティの調べ【倶楽部】

2016年07月21日 16時00分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Image from Amazon.co.jp
Early Piano Works / 3 Gymnopedies

やっぱり天気には勝てなかったよ

 私事で恐縮ですが、洗濯物は外で乾かしたい派です。部屋干しがあまり好きではない。やはりお天道さまの光でしっかり乾かしたい。そうなると、困るのが夏なのです。

 気温が高いし晴れの日が多いのですぐ乾くではないか、というのは甘い。なにしろ突然の夕立ちによって、せっかくの洗濯物がパア……ということも珍しくない。

 そのため、天気予報とにらめっこして、タイミングを見計らって干してから仕事に出かけるのですが、ダメなときは本当にダメ。休みの日ならすぐに取り込めますが、仕事のある平日ともなるとそうはいかない。雨雲レーダーを見ながら、びしょ濡れになっている衣類に思いを馳せて、「ああ……」と天候の不条理について嘆いたりするわけで。

 どうしようもない事態の前でやるせない気持ちになったとき、気分を鎮めるために、筆者はエリック・サティのピアノ曲を聴くことが多いです。変わり者として知られるサティの、さらに変わった演奏を取り上げましょう。演奏者はラインベルト・デ・レーウ。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!