ASCII倶楽部

このページの本文へ

トレンドPicks ― 第7回

この夏、話題になりそうな謎ブーム「グランピング」【倶楽部】

2016年06月30日 17時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トレンドPicks インターネットの話題ワード解説コラム。会話のタネにどうぞ。

今日のPickUpワードは「グランピング」。最近じわじわと話題になっています。

 「グランピング」を知っていますか? グラマラス(Glamorous)なキャンプ(Camping)でグランピング(Glamping)。ホテルや宿泊施設などが豪華なテントを宿泊場所として提供し、手ぶらで豪華・快適なキャンプが楽しめる欧米発祥のカルチャーということです。

 わたしはまったく知りませんでした。また業界団体が「山ガール」のように適当な用語をでっちあげて騒いでいるだけなんじゃないかと疑ってしまいましたが、どうもそうではなさそうです。

 調べてみると国内で有名なのは「CIRCUS OUTDOOR」が開いたグランピングイベントでしょうか。豪華なテントに泊まるHYAKKEIさんのレポートはたしかに楽しそうです。

 グランピングを売りにした商業施設もこの夏、続々とオープンします。

 京都ではグランピングキャンプ場「GRAX」が6月29日にオープンしました。千葉・木更津では大型アウトドア施設「ワイルドビーチ シーサイドグランピングパーク(WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK)」が7月1日オープン、ネスタリゾート神戸ではグラマラスバーベキュースペース「GLAMP BBQ PARK」が同じく7月1日にオープンです。

 ルミネ新宿は7月8日~10日の3日間限定で、新宿駅の屋上でグランピング体験ができる「グランピング ザ サーカス2016」を開催。下北沢ではフロアとテラスを貸し切ってバーベキューができる「シモキタテラス」がオープンするそうです。

 一般社団法人日本ホームパーティー協会という謎めいた団体によれば、グランピングはすでに日本でもブーム。同団体の調査によれば認知度は50%を超えているといいます。にわかには信じがたい数値ですね。グーグルでは昨夏から国内の検索数が増えはじめています。

 楽しそうなのはわかるのですが、そもそも発祥となったグランピングがどんなものかわかりません。欧米の様子を調べてみると、少し国内と様子がちがっていました。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!