DropboxとCELF活用でExcelデータを自動集計するサービス、SCSK

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自動データ収集アプリのイメージ

 SCSKは11月21日、クラウドストレージサービス「Dropbox」とSCSK独自のノーコード開発サービス「CELF(セルフ)」の機能を活用し、ファイルサーバーに保存されているExcelデータを自動的に集計してデータベース化するサービスを提供開始した。

 「自動データ収集アプリ」は、Dropbox法人向けプランが提供する「リクエスト機能」「ストレージ管理機能」とCELFを組み合わせることで、ExcelデータをCELFに生成したデータベースに自動で格納する。具体的には、多数の人にExcelでのデータ入力・ファイル提出を依頼する際に発生する「未提出者の催促」「入力データ値のチェック」「統合のための転記作業・データベースへの格納」という一連のタスクを自動化することで、同社の実証実験ではデータ収集プロセスを80%以上低減したという。また、データベースで管理するデータの結合・組合せ・グルーピングもCELFの機能で行なえるため、リアルタイムにデータを利活用できる。

 本サービスでは、Dropboxでの作業を自動化するために提供されている「Dropbox API」を専門的なプログラミング知識が無くても利用できるようCELF上に部品化している。本部品を活用することで、担当者が自らの手でDropbox上のファイルに対してデータ加工・修正・突合などの作業の自動化を可能にする。

 本サービスの価格は年間35万5000円(10ユーザー)から。本料金はDropbox StandardおよびCELFクラウドサービスのライセンス料金を含んでいる。

過去記事アーカイブ

2023年
01月
02月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
03月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
03月
04月
06月
08月
10月
11月
2018年
01月
03月
05月
08月
11月
2017年
03月
10月
2016年
01月
04月
2015年
02月
04月
07月
10月
2014年
08月
11月
2013年
11月