Dropbox、ポストコロナにおける最適な働き方をサポートするワークフローツールをアップデート

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Dropbox Japanは、「Dropbox Capture」を提供開始するとともに、「Dropbox DocSend」、「Dropbox Sign」の最新アップデートを発表した。

 今回のアップデートは、Dropboxが日本のユーザーに対してポストコロナにおけるそれぞれの最適な働き方をサポートする中で、Dropbox上でより多くのワークフローを完結できることを目指している。

「Dropbox Capture」で働く時間や場所が違ってもコミュニケーションを円滑に

 Dropbox Captureは、スクリーンショットやGIFを活用しながら、画面を直接録画した動画メッセージを作成することを可能にした。会議、チャット、メールでの業務連絡の代わりに活用することにより、文字では説明しにくかった確認事項や、働く時間や場所が違う同僚との電話会議の代わりに動画メッセージを送ることができる。

 Dropbox Captureは10月26日より、すべてのDropboxプランで利用することができる。Basic、Plus、Familyの各プランでは、1080pで最大2時間の録画と5分以下の動画の編集が可能で、Professional、Standard、Advanced、Enterpriseの各プランでは、動画をストレージの上限まで4Kで録画できるだけでなく、あらゆる長さの動画メッセージを編集することが可能となっている。

HelloSign、Dropbox Signとして新たに展開

 Dropbox Signは、Dropboxが提供する豊富なツールをさらに利用しやすくする。

 無料プランを含むすべてのDropbox Signプランでは、署名者が自分自身のみの場合は無制限に利用できるため、必要な数だけドキュメントに署名できる。さらに、Dropbox Signプラン(Standard、Premium)を契約すると、Dropbox Formsも利用できるようになる。Dropbox Formsでは、やりとりを1か月に50回まで無料で利用できるため、書類の対応をDropbox上で完結することが可能となっている。

「DocSend」の高度な動画分析で、ユーザーのインサイトを活用

 Dropbox DocSendに追加された動画分析のアップデートは、これまでDropbox DocSendの利用者から最も要望が多かった機能の1つ。動画分析の機能追加により、Dropbox DocSendで動画を簡単に共有できるだけでなく、再生の完了率、視聴時間やジオタギング情報(位置情報を示すメタデータ)などの分析が可能になった。

 Standard、Advanced、EnterpriseプランのDropbox DocSendユーザーは、エンゲージメントグラフ、パフォーマンスグラフ、動画エンゲージメント設定などの高度な動画分析が利用できる。本製品は、英語版での提供となる。

 さらにシームレスなワークフローを実現するため、今年中にDropbox CaptureもDropbox DocSendに組み込まれる予定で、そのアップデートによって、動画メッセージの録画、送付、分析がすべてDropbox上でできるようになるという。

 現在 Dropbox Capture は英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、日本語、ポルトガル語に対応しており、他の言語も近日中に追加される予定となっている。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2023年
01月
02月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
03月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
03月
04月
06月
08月
10月
11月
2018年
01月
03月
05月
08月
11月
2017年
03月
10月
2016年
01月
04月
2015年
02月
04月
07月
10月
2014年
08月
11月
2013年
11月