このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第228回

Honda車史上最大の室内空間を誇る新型STEP WGNは「もはや走る家」だった!

2022年06月04日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●新 唯(@arata_yui_)編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

左から「STEP WGN SPADA PREMIUM LINE」「STEP WGN AIR」「STEP WGN SPADA」

 今年1月の発表以来、注目を集めているHondaのミニバン「STEP WGN(ステップ ワゴン)」が、5月27日から販売を開始しました。価格は299万8600円~365万3100円。その全貌を一気にご紹介しましょう!

今回のコンセプトは「素敵な暮らし」

左から「STEP WGN SPADA PREMIUM LINE」「STEP WGN AIR」

 「#素敵な暮らし」をグランドコンセプトとする新型STEP WGN。ラインアップはユーザーのライフスタイルに合わせて、「STEP WGN AIR(ステップ ワゴン エアー)」「STEP WGN SPADA(ステップ ワゴン スパーダ)」の2種類が用意されています。

STEP WGN AIR(299万8600円~340万4500円)

STEP WGN AIRのフロントマスク

STEP WGN AIRのサイドビュー

STEP WGN AIRのリアビュー

 「STEP WGN AIR(ステップ ワゴン エアー)」は、シンプルでクリーンな印象を受ける1台です。エアーのフロントマスクは大型グリルを配した今風の「ドヤ顔」ではなく、近年のホンダ車に共通する「穏やか顔」。一時期Hondaは鋭角なフロントライトによって力強さを演出していましたが、家族で使うクルマには、スポーツライクな顔立ちは似合わないと判断したのでしょう。フロントグリルの面積は最小限に抑えながら、Hマークの下部をあえてはみ出させることで存在感を強調する遊び心を感じさせます。また、ところどころに細いメッキモールをさりげなく配して上質感を与えるなど、心憎い演出も。

ドライバーズシートに着座した様子

2列目シートの様子

3列目シートの様子

 エアーのインテリアはグレーとブラックの2色展開。グレーは、温かみのあるカラーで、まるで明るいリビングにいるような印象。シート素材はファブリックで、カジュアルな印象を与えます。

「STEP WGN SPADA PREMIUM LINE」(346万2800円~384万6700円)

 「STEP WGN SPADA」は、重厚さや高級感、スポーティーさを覚えるグレード。上位グレードとして質感をいっそう高めた「STEP WGN SPADA PREMIUM LINE(ステップ ワゴン プレミアムライン)」が用意されています。

大型化するとともに加飾されたフロントグリル

リアにはスポイラーを配置

ホイールも専用品を装着

 フロントグリルは押し出し感は少ないものの、大型化されたフロントグリルによりスマートさとイマドキ感を演出。車体全体を取り囲むようにメッキ加飾を取り囲むことで、車体全体に高級感を与えています。またリアにはSPADA専用スポイラーを設けてスポーティーさもアップ。

「STEP WGN SPADA PREMIUM LINE」のドライバーズシート

「STEP WGN SPADA PREMIUM LINE」のドライバーズシート

STEP WGN SPADA PREMIUM LINEの2列目シート

STEP WGN SPADA PREMIUM LINEの2列目シート

STEP WGN PREMIUM LINEのドライバーズシート

STEP WGN PREMIUM LINEのステアリングホイール

 インテリアは、スタイリッシュなダークトーンで統一されています。シートはファブリックの両わきをプライムスムースでサンドイッチ。STEP WGN SPADA PREMIUM LINEはスエード調表皮&プライムスムースのコンビシートとなります。またPREMIUM LINEではほぼ全席にUSB充電端子を設けたほか、2列目シートにオットマンも装備するなど、快適かつ便利な装備が魅力的。

乗降時の様子

 乗車定員はAIR、SPADAが7人乗りと8人乗りの2種類を用意。PREMIUM LINEは7人乗りのみとなります。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ