ナリング・クリエイティブ、HelloSignとDropboxの導入で工事契約プロセスを電子化

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Dropbox Japanは5月13日、ナリング・クリエイティブへの電子署名サービス「HelloSign」およびクラウドストレージサービス「Dropbox Business」の導入事例を公開した。

 ナリング・クリエイティブは空間デザイン・空間構築に関わる業務全般のプロジェクトマネジメント会社。建築業界で扱われる CADデータや3Dデータなど、大容量ファイルの管理をNASからDropbox へと移行し、インフラ運用負荷の削減やファイル共有の効率化を図ったという。また、並行してペーパーレス化も進め、これまで対面で行なってきた契約業務(工事請負契約など)の契約プロセスを電子化する方法やツールとして、Dropboxとの親和性の高さなどからHelloSignを採用。

 ナリング・クリエイティブは現在、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が掲げる「DX 認定」の取得を目指して取り組みを続けており、HelloSignの導入が認定取得に向けて全社一丸となって推進するきっかけにもなったという。具体的には、DX認定取得に向けた社員との個人情報保護の誓約書の取り交わしをHelloSignで行ない、全社員がHelloSignでの誓約書の取り交わしを経験してみたことで、業務のデジタル化やDXの取り組みを「自分ごと化」することにつながったという。

 Dropboxでは今回の導入事例の詳細を公開している。

過去記事アーカイブ

2023年
01月
02月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
03月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
03月
04月
06月
08月
10月
11月
2018年
01月
03月
05月
08月
11月
2017年
03月
10月
2016年
01月
04月
2015年
02月
04月
07月
10月
2014年
08月
11月
2013年
11月