このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新色ピンクにさらなる強力カメラ! iPhone 13、ASCII徹底大特集 第62回

Apple Watch Series 7、私のお気に入りポイント4つとイマイチポイント

2021年11月21日 12時00分更新

文● 鈴木朋子 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Apple Watch Series 7(GPS + Cellularモデル)スターライトアルミニウムケースとスポーツバンド 41mm。価格は2万266円/月または6万800円(GPSモデルは1万6266円/月または4万8800円)

 Apple Watchの第7世代「Apple Watch Series 7」が、10月15日に発売されました。iPhoneユーザーなら、「Apple Watchって便利なのかな」と一度は気になったことがあるでしょう。Apple Watchを着けている人を街で見かけることも多くなりました。一方で「使いこなせるかわからない」と諦めてしまっている人もいるはず。

 そこで、(毎回買い替えてはいませんが)初代からApple Watchを使っている私が、Apple Watchのお気に入りポイントとイマイチなところをお伝えします。普段はApple Watch Series 5を使用していますが、今回は2週間ほどApple Watch 7をお借りしました。

Apple Watch Series 7(GPS + Cellularモデル)スターライトアルミニウムケースとスポーツバンド 41mm

お気に入りポイント①「通知を逃さないこと」

 私がApple Watchを着けている理由のひとつが、「通知を逃さない」こと。騒がしい場所でも電話やメール、アプリからの通知などを手首のバイブレーションにより気づくことができます。アラームをセットして就寝すれば、手首の振動で目覚めることができます。

 通知を受け取れるだけでは、他のスマートウォッチでもできますが、Apple Watchの良さはiPhoneとの親和性の高さ。例えば、「リマインダー」をiPhoneに設定していたら、リマインドを受け取ると同時にApple Watchで「実行済み」にすることができます。

 また大きめのディスプレイで通知を読めるだけでも、十分満足しています。Series 7は画面の表示領域がSeries 6と比較すると20%拡大していて、丸くなったディスプレイの縁まで表示されるようになりました。さらに「常時表示Retinaディスプレイ」により、常にディスプレイが表示されるようになりました。節電のために手首を下げているときは画面が暗くなるのですが、その状態でも屋内で70%も明るく見えるようになりました。

 普段はSeries 5の40mmを使用していますが、お借りした41mmはたった1mm大きくなっただけで見やすさを感じました。画面の明るさによるところも大きいかもしれません。

娘からLINEスタンプが送られてきました。iPhoneがなくてもはっきり確認できます

買い物中でもメールの内容をチェックできます

左がSeries 7、右がSeries 5です。パスコードボタンが大きくなり、押しやすくなりました

 女性はポケットがまったくない服を着ていることも多く、私のようにiPhoneは常にバッグの中という人もいると思います。Apple Watchがあれば、バッグの中からiPhoneを探し出さなくても手元で通知をチェックし、必要に迫られたときだけiPhoneを出せばいいのです。家事に追われてiPhoneを置きっぱなしでも、Apple Watchがあれば安心。手元で通知を受け取れます。水を使う家事でも、Series 7の耐水性能はシャワー程度の水は大丈夫です。ただし、お皿を洗うなど、洗剤を使う場合は外してからにしましょう。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中