このページの本文へ

新色ピンクにさらなる強力カメラ! iPhone 13、ASCII徹底大特集 第62回

Apple Watch Series 7、私のお気に入りポイント4つとイマイチポイント

2021年11月21日 12時00分更新

文● 鈴木朋子 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

へとへとでしたが、消費カロリーは少なくて物悲しい

お気に入りポイント④「ヘルスケアとフィットネス」

 年齢には勝てないと思う日が増え、コロナ禍で運動不足になるなど、体力的に追い詰められている私にとって、ヘルスケアは重要な問題です。Apple Watchを着けると、フィットネスの「アクティビティ」の円がぐるぐると回ります。私は他社のスマートウォッチに浮気することもあるのですが、その間歩数などは計測できてもアクティビティは計測されないので、とても寂しく感じます。

 フツーに買い物に出かけただけでも、ワークアウトとしてウォーキングのペースや心拍数が計測されます。がっつり運動をしている人には物足りないのかもしれませんが、日常の運動を計測することで体を動かす励みになるのはありがたいです。

 血中酸素(Series 6以降)や心電図(Series 4以降)が計測できるのも良いのですが、watchOS 8では睡眠時の呼吸数や心拍数が測れるようになりました。正直なところ見てもよくわからないのですが、睡眠改善の目安にできそうです。

 watchOS 8では、ワークアウトの「屋外サイクル」を検知できるようになったそう。自転車を通勤に使っている人は、すぐに計測を開始できますね。

Apple Watchを着けて就寝すると睡眠時の呼吸数や心拍数が測れています

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中