このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第632回

Intel 7とTSMC N5で構成されるHPC向けGPUのPonte Vecchio インテル GPUロードマップ

2021年09月13日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スパコン「Aurora」の納入は2022年末?
納入までは別のスパコン「Polaris」を使用

 最後に1つ余談を。連載627回の最後で、インテルがどうもAurora遅延に絡んで3億ドルの違約金を支払うらしい、という話をした。

 Auroraはアルゴンヌ国立研究所に納入されるシステムだが、発注者は米エネルギー省である。そのエネルギー省のAI・技術担当副次官であるDimitri Kusnezov氏がHotChipsの2日目に“Architectural Challenges: AI Chips, Decision Support and High Performance Computing”という基調講演をした。

 そのKusnezov氏への質疑応答で「Auroraはいつ稼働するのか?」という火の玉ストレートの質問を投げかけた方がおり、返答が「今やってます。複雑な調達ではしばしば遅延が起きるけれど、でも前に進んでいます」という、政治的に正しい回答が返ってきていた。

エクサスケールのスーパーコンピューターとなる「Aurora」

 それはともかくとして、アルゴンヌ国立研究所としては、このままではAuroraの稼働がかなり遅れることになる。一応Ponte VecchioもSapphire RapidsもIntel 7ベースでの構築なので、これ以上遅れることがなければ今年中に量産が開始されるはずだが、それによる最初のシリコンの出荷は来年第1四半期以降となる。

 現実問題としてシステムが納入を開始するのは2022年第2四半期以降で、そこから組み上げてテストを経て検収が完了するのは2022年末あたりだろう。つまり当初スケジュールから1年遅れると見込まれる。これを待っていると、Auroraを利用する予定のプロジェクトも1年遅延するわけで、その間研究者に遊んでいろというわけにもいかない。

 そこで、Auroraが稼働するまでのつなぎとして、エネルギー省は新しいPolarisというスーパーコンピューターを、HPEと契約した。こちらはAMDのEPYC(当初システムはRomeベースのEPYC 7532だが、2022年3月にはMilanベースのEPYC 7543に更新される)と、NVIDIA A100をベースとしたもので、1ノードはEPYC×1+A100×4で構成。これが560ノードでシステムを構築する形になる。

 ピーク性能はFP64で44PFlopsなので1 ExaflopsのAuroraには遠くおよばないのだが、なにしろすぐ納入できるという点が評価されたようだ。このPolarisでは、本来Auroraを利用して行なうはずだったESP(Early Science Program)のアプリケーション開発などのためにまず利用されるらしい。

 まさかインテルから得た3億ドルの違約金でPolarisを契約したというわけでもないとは思うのだが(Polarisの契約金額は未公開)、インテルがHPCの市場で復調するまでにはまだまだ時間がかかりそうである。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン