このページの本文へ

“重厚な人間ドラマ”を成立させている“婉曲的な芝居”がもたらしているもの

2021年08月18日 14時30分更新

文● 原田健

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月13日に「第11回 衛星放送協会 オリジナル番組アワード」の最優秀賞が発表され、ドラマ部門では「連続ドラマW コールドケース3~真実の扉~」(WOWOWプライム)が受賞した。

 同番組は、アメリカのテレビドラマシリーズのリメイク作品で、吉田羊演じる女性刑事・石川百合とそのチームが「コールドケース」と呼ばれる未解決殺人事件を解決していく。2016年よりシーズン1が放送され、そのシリーズ第3弾となる。

 シリーズが第3弾まで続く人気の秘訣と魅力はやはり、オリジナル版のプロットや構成を生かしつつも現代の日本に合わせて制作されており、何より日本のドラマの強みでもある登場人物たちの心の機微を細やかに描いているところだろう。

 未解決殺人事件という舞台の上で、加害者や被害者の心情はもちろん、それぞれの境遇を背負いながら、時に感情を押し殺し、時に感情をむき出しにして事件と対峙する刑事たちの人間味が色濃く描かれていて、クライムサスペンスでありながら“重厚な人間ドラマ”としても楽しめる。捜査が始まり、(未解決事件のため)発生当時の回想シーン、被害者、加害者のバックボーンなど、ストーリーの骨組みとなる必要不可欠な部分は削れないという制約の中で、ここまで追う側の刑事たちにフォーカスを当てて描き切っているのは、「さすが『連続ドラマW』!」と感嘆させられる。

 それを成立させているのは、役者陣の圧巻の演技であることは言うまでもない。吉田羊を筆頭に永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和といった日本を代表する役者たちが、登場人物それぞれの人間味を“婉曲的な表現”で表すことで、芝居の効率化を実現しているのだ。長くなるため具体的な例は省くが、直接的な意味あいのせりふではなく、あえてちょっと皮肉った言い回しや態度から、「仲間として心配している感情」「上司・先輩という立場からの注意・警告」といった登場人物の感情に加え、今後の物語の展開を視聴者に予感させるという要素も含ませるなど、一つの芝居にさまざまな意味を込めている。

 直接的な芝居は伝わりやすい反面、単一的になってしまうが、“婉曲的な芝居”は伝わりづらいが複合的な意味を内包することができる。一長一短あり、後者には役者の圧倒的な演技力が欠かせないため、どうしても実力派俳優を揃えなければならないという高いハードルがあるし、何より“ながら見”などではなく、視聴者がしっかりじっくり視聴するという条件もクリアしなければならない課題だ。そんな中で、この表現方法はドラマ好きの“ドラマ玄人”の視聴者が多い「連続ドラマW」にはうってつけであるし、「どのような視聴者に向けて、どのようなゴールを目指して作るのか」という深い分析と明確な意思の元に制作された作り手のこだわりが詰まっている。だからこそ、“ドラマが好きであればあるほど刺さる”という“沼”的な作品になっているのだ。

 また、2016年から足掛け4年という月日が育んだ役者間の円熟したチームワークにも触れないわけにはいかないだろう。それぞれが抱える背景に触れた経験を経て、透明なフィルターが1枚取り除かれたかのような刑事同士の距離感の表現が絶妙で、“家族”でも“運命共同体のような仲間”という近すぎる感じでもなく、“事件解決を目指す同僚という近過ぎない仲間”という距離感は、大人社会ならではのリアルな部分が説得力を増強しているし、一方で、新事実が判明した時のそれぞれが自分のやるべきことを瞬時に理解して行動に移す切り替えの速さとそのスピード感のシンクロ率の高さは、感度の高い役者たちが時間をかけて熟成してきたものであることは容易に感じることができる。

 その証明材料の一つとなるのが、同シリーズ撮影中にコロナ禍に突入したことで撮影が2カ月間ストップしたという事実だ。視聴しても、どこで2カ月も空いていたのか全く分からないし、それこそが役者陣のチームワークの強固さの賜物だろう。それが実現できた裏には、休止期間中に役者同士で密に連絡を取り合いながら絆を深めていたこと、(イレギュラーに撮影期間が延長となったことで、次に携わらないといけない作品の撮影が始まっているスタッフもいたはずだが)撮影再開時に全く同じスタッフが役者陣を迎えたことなど、関係者全員の作品に懸ける思いの強さがあったこともここで補足しておきたい。

 未曽有の非常事態も円熟したチームワークと熱い思いで乗り切り、これまでと同等かそれ以上のクオリティで作り上げられた“重厚な人間ドラマ”で、ドラマの醍醐味を存分に味わってみてはいかがだろうか。

【放送・配信情報】

 連続ドラマW コールドケース3~真実の扉~
 2021年12月放送予定
 WOWOWプライム

 連続ドラマW コールドケース3 ~真実の扉~(全10話)
 WOWOWオンデマンドにて配信中

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン