このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Ryzen 5 4500U搭載と現状唯一無二のAMD APUを備えるゲーム機型ポータブルPC「AYA NEO」の魅力に迫る

2021年08月06日 17時30分更新

文● 宮里圭介 編集● ジサトラハッチ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回紹介するAYA NEOは7インチ(1280×800ドット)液晶を搭載したポータブルPC。AMD製APU、Ryzen 5 4500Uを採用している。日本語のサイトも準備済みだ

 ゲームをプレイするPCというと、高性能なGPUを搭載したデスクトップPCやノートPCが一般的だ。しかし、Nintendo Switchのように小型のディスプレーを備えた携帯ゲーム機感覚でPCゲームをプレイしたいという人もいる。そんな人の要望を叶える小型のポータブルPC(UMPC)が近年増えて来ている。

 中国の深センに本社を構えるGPD Technology社がクラウドファンディングを経て、5年前に発売した「GPD WIN」を皮切りに、ONE-NETBOOK Technology社などもコントローラーを搭載したポータブルPCを発売。最近では、GPD Technology社がキーボードがスライド式で収納できる5.5インチ(1280×720ドット)液晶を搭載した「GPD WIN 3」を発売。ONE-NETBOOK Technology社も8.4インチ(2560×1600ドット)と画面が大きめで高解像度な「ONE XPLAYER」を発売した。

 これらは、いずれもインテル製CPUを採用していたが、ここにきてAMD製のCPU搭載機も話題に上るようになってきた。記憶に新しいのは、ゲーム販売プラットフォーム「Steam」を運営するValveが発表した「Steam Deck」だ。Steam DeckはZen 2、RDNA 2アーキテクチャーのAMD製カスタムAPUを搭載し、多くのゲームが快適に遊べるという。なお、OSはWindowsではなくLinuxベースのSteamOSを採用しており、基本的にはSteam専用機となる。

Steam Deckは、4コア/8スレッドのAMD製カスタムAPUを搭載。スペックは、16GBメモリー、64GB eMMCもしくは256GB/512GBのSSD、7インチ液晶(1280×800ドット)など

 このSteam Deckは、Valveから発売するということで、これまでGPD WINのようなWindows搭載のコントローラー操作が可能なポータブルPCを知らなかったライトユーザーの間でもSNSを中心に話題となり、かなりの注目を集めている。ただし発売は米国、カナダ、欧州、英国が2021年12月、日本では2022年予定と、少々先の話だ。

 Steam Deckに期待している人は多いと思うが、実は、もっと早く手に入るAMD製プロセッサー搭載のゲーム機型ポータブルPCがある。それが今回紹介する「AYA NEO」だ。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ