• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

イベントレポート

注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2024March

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

Ryzen 7000採用の最新ゲーム機型PC「GPD WIN 4 2023」実機レビュー

2023年12月08日 10時30分更新

文● ジャイアン鈴木 編集●ジサトラハッチ

 ポータブルゲーミングUMPCには、さまざまなデザインの製品がある。今回レビューする「GPD WIN 4 2023」は変形タイプのデバイス。通常モードでは携帯ゲーム機そのままのスタイルだが、スライド式ディスプレーを上にずらすと、QWERTY配列のキーボードが現われる。

 あくまでも携帯ゲーム機としての使い勝手に軸足を置いたデザインだが、物理キーボードにより親指でプチプチと入力できるわけだ。今回本製品の実機を借用したので、基本スペック、デザイン、使い勝手、パフォーマンスなどについてレビューしていこう。

GPD「GPD WIN 4 2023」12万3000円~(GPD Direct販売価格)

APUはRyzen 5 7640UまたはRyzen 7 7840Uから選択可能

 「GPD WIN 4 2023」はOSに「Windows 11 Home」、APUに「AMD Ryzen 5 7640U」(6コア、12スレッド、最大4.9GHz、28W)/「AMD Ryzen 7 7840U」(8コア、16スレッド、最大5.1GHz、28W)、iGPUに「AMD Radeon 760M」/「AMD Radeon 780M」を採用。

 メモリー(RAM)は16GB/32GB/64GB、ストレージは512GB/2TB/4TBが用意されている。カラーはマットブラックとピュアホワイトの2色が存在し、GPD Directでは下記の4機種がラインナップされている。

・マットブラック/Ryzen 5 7640U/RAM16GB/SSD512GB 12万3000円
・マットブラック/Ryzen 7 7840U/RAM32GB/SSD2TB 16万8000円
・ピュアホワイト/Ryzen 7 7840U/RAM32GB/SSD2TB 16万8000円
・マットブラック/Ryzen 7 7840U/RAM32GB/SSD4TB 20万7000円

 これ以外のスペックは共通。ディスプレーは6型フルHD(1920×1080ドット、368ppi、16:9、リフレッシュレート60Hz、タッチ対応、Gorilla Glass 5)を採用。ウェブカメラは非搭載だが、デュアルスピーカーとマイクを内蔵している。

 インターフェースは、USB 4(40Gbps)×1、USB 3.2 Gen2 Type-C(10Gbps)×1、OCuLink(SFF-8612)×1、3.5mmコンボジャック×1、microSDメモリーカードスロット×1を搭載。ワイヤレス通信はWi-Fi 6、Bluetooth 5.2をサポートしている。

 本体サイズは約220×92×28mm、重量は約598g。45.62Whのリチウムポリマーバッテリーが内蔵されており、バッテリー駆動時間は処理の重いゲームや作業で約2時間、普通程度のゲームや作業で約3~6時間、処理の軽いゲームや作業で約10時間を謳っている。

 本製品で使用可能な周辺機器としては、4G LTE通信可能なバックマウントモジュール「GPD WIN 4シリーズ専用LTEモジュール」(1万8400円)、複数のポートを増設可能な「GPD WIN 4シリーズ専用クレードル」(9600円)、専用ケース「GPD WIN 4シリーズ専用ハードケース2種」(小型ケース:3850円、大型ケース:4980円)を用意。またOCuLinkには、外付けグラフィックデバイス「GPD G1」(10万8800円)を接続可能。用途に応じて機能、性能を強化できるわけだ。

スライド式メカニカルキーボードには3段階で明るさ調整可能なホワイトバックライトを内蔵。ストロークは浅いが小気味よいクリック感が与えられている。左下には指紋認証センサー、右下には光学式マウスセンサーが配置

6インチフルHD液晶ディスプレーのリフレッシュレートは60Hzまたは40Hzに設定可能

本体内部には大型ファン、デュアルヒートパイプが内蔵

本体上部には電源ボタン、ボリュームボタン、USB 4(40Gbps)×1、OCuLink(SFF-8612)×1、3.5mmコンボジャック×1を装備

本体下部にはUSB 3.2 Gen2 Type-C(10Gbps)×1を配置

左側面にはmicroSDメモリーカードスロット×1、マウスモード/コントローラーモード切り替えスイッチを用意

ACアダプターの型番は「YJC065A」。仕様は入力100-240V~2A、出力5V 3A、9V 3A、12V 3A、15V 3A、20V 3.25A、容量65W。USBケーブル(Type-C to Type-C)の長さは実測150cm

GPD WIN 4 2023自体にはUSB Type-A端子が用意されていないので、変換アダプターが1個付属している

前世代のRyzen 7搭載機と同等のマルチコア性能を記録

 今回はAMD Ryzen 5 7640U/Radeon 760M Graphics/RAM16GB/SSD512GBという構成のモデルを借用している。まずCPU性能だが、「CINEBENCH R23」のCPU(Multi Core)は9607pts、CPU(Single Core)は1720ptsとなった。

 「AMD Ryzen 7 6800U」を搭載する「AYANEO 2」がCPU(Multi Core)は9749pts、CPU(Single Core)は1466ptsだったので、GPD WIN 4 2023は前世代のRyzen 7搭載機と同等のマルチコア性能、117%相当のシングルコア性能を備えていることになる。

「HWiNFO64 Pro」で取得したシステムの概要。APUは「AMD Ryzen 5 7640U」、iGPUは「Radeon 760M Graphics」、メモリーは16GB、ストレージは512GB(PCIe Gen4 x4接続SSD)を搭載している

ベンチマークはユーティリティー「Motion Assistant 体感助手 V1.1.6.6」で、「TDP Limit」を25W、「Enable Fan Speed」にチェックを入れた状態で実施している

「CINEBENCH R23」のCPU(Multi Core)は9607pts、CPU(Single Core)は1720pts

 3Dグラフィックス性能は、「3DMark」のTime Spyは2496、Fire Strikeは6146、Wild Lifeは14351となった。また、「ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレベンチマーク」(1920×1080ドット、標準品質、ノートPC)のスコアは7721(やや快適)、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK ver 1.3」(標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーン)のスコアは3119(普通)だ。

 3DMarkのEstimated game performance(推定ゲームパフォーマンス)で「Apex Legends」が最大65fpsで動作すると表示されており、このあたりのゲームであれば外付けグラフィックデバイス「GPD G1」を接続しなくても、ストレスなくプレイできるわけだ。

「3DMark」のTime Spyは2496。推定ゲームパフォーマンスは「Apex Legends」(1080p Ultra)で65fps以上

Fire Strikeは6146。推定ゲームパフォーマンスは「Apex Legends」(1080p Ultra)で55fps以上

Wild Lifeは14351。推定ゲームパフォーマンスは「Apex Legends」(1080p Ultra)で45fps以上

「ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレベンチマーク」(1920×1080ドット、標準品質、ノートPC)のスコアは7721(やや快適)。平均フレームレートは55.26fps、最低フレームレートは25fps

「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK ver 1.3」(標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーン)のスコアは3119(普通)

「同上」(標準品質、1280×720ドット、フルスクリーン)のスコアは5006(やや快適)

 システムドライブにはPCIe Gen4 x4接続SSD「WD PC SN740 SDDPNQD-512G」が搭載されていた。ストレージベンチマーク「CrystalDiskMark」で計測したシーケンシャルリード(SEQ1M Q8T1)は4975.53MB/s、シーケンシャルライト(SEQ1M Q8T1)は4024.33MB/sとなった。

 PCIe Gen4 x4接続SSDとしては上限の速度ではないが、快適にゲームを起動、ステージをロードできるだけのアクセススピードを備えている。

今回の貸出機にはシステムドライブに「WD PC SN740 SDDPNQD-512G」(PCIe Gen4 x4接続SSD)が搭載されていた

「CrystalDiskMark」で計測したシーケンシャルリード(SEQ1M Q8T1)は4975.53MB/s、シーケンシャルライト(SEQ1M Q8T1)は4024.33MB/s

 バッテリー駆動時間については、ディスプレー輝度、ボリューム50%で「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK ver 1.3」(標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーン)をループ再生したところ、1時間31分5秒動作した。さらに長時間、出先でプレイしたいなら、ACアダプターやモバイルバッテリーを一緒に持っていこう。

屋外でオンラインPCゲームを楽しみたい方にGPD WIN 4 2023はもってこい

 GPD WIN 4 2023はディスプレーが6インチとやや小さいが、そのぶんサイズは約220×92×28mm、重量は約598gと携帯性に優れている。スライド式メカニカルキーボードはタッチタイプには向かないが、立ったままでの親指入力は意外と快適。

 長文テキスト入力するためには、携帯性に優れた薄型Bluetoothキーボードなどを常備するといい。個人的にはロジクールの「KEYS-TO-GO」などがオススメだ。

 モバイルデータ通信可能となる「GPD WIN 4シリーズ専用LTEモジュール」も用意されているので、屋外でオンラインPCゲームを存分に楽しみたいという方に、GPD WIN 4 2023はもってこいのポータブルゲーミングUMPCと言える。

●関連サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう