このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第116回

アップル「iPadOS 15」かなり実用度の高いアップデート

2021年07月13日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

かなり実用度の高いアップデート

 iPadOS 15を一通り触ってみたが、これまで「ちょっと使いづらい」と感じていたところに手が入り、俄然、使い勝手が上がっている印象だ。

 日本語認識だけでなく、メモツールとして大幅に進化している。調べ物をして手書きのメモをとり、複数のアプリを渡り歩くのも苦じゃなくなった。

 iPad ProにおいてはM1チップが搭載され「同じM1チップを搭載するMacBook Airとどちらを選ぶべきか」と悩ましかったりするが、iPadOS15との組み合わせにより、ますますペンでの使い勝手が増した感がある。まさに「ペン入力のパソコン」として、MacBookシリーズとは違った進化になっていきそうな気がしている。

 出先で仕事をするデバイスとしてiPadOS 15は、かなり実用度の高いアップデートに仕上がっているといえそうだ。

 

筆者紹介――石川 温(いしかわ つつむ)

 スマホ/ケータイジャーナリスト。「日経TRENDY」の編集記者を経て、2003年にジャーナリストとして独立。ケータイ業界の動向を報じる記事を雑誌、ウェブなどに発表。『仕事の能率を上げる最強最速のスマホ&パソコン活用術』(朝日新聞)など、著書多数。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中