このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第116回

アップル「iPadOS 15」かなり実用度の高いアップデート

2021年07月13日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

手書きメモ「スクリブル」が日本語対応

 また、iPadOS 15で「ようやくきたか」と喜ばしいのが「スクリブル」の日本語対応だ。

 iPadOS 14で手書き文字認識機能が備わっていたのだが、英語と中国語しか対応していないのであった。iPadOS 15では晴れて日本語に対応。Apple Pencilで実際に汚い文字で認識させてみたが、結構な割合できちんと認識して、テキスト化してくれた。

 文字を認識するだけでなく、書いた文字を上からぐちゃぐちゃすれば、その文字は消去できるし、長押しすればスペースを追加でき、まるで囲めばテキストのコピーもできる。本当に手書き感覚でメモをとれるのが便利だ。

 iPadOS 15では指もしくはApple Pencilを画面外の右下から画面中央にスワイプすると「クイックメモ」を呼び出せる。

 付箋紙のように手書きで文字を書いたりできるだけでなく、例えば、ブラウザでサイトを見ている際にクイックメモを呼び出すと、そのページのリンクを貼り付けることも可能だ。パブリックベータ版では完璧に動いていない感じがするが、あれこれアイデアを練ったり、旅行の計画を立てるときなど、「いろんなサイトをチェックして、情報を収集しつつ、自分でメモをとる」という使い方としては最高なのではないか。

 クイックメモは「メモ」アプリのメモとして他のアップルデバイスにも同期されるので、iPhoneで閲覧したり、Macでチェックするということも可能になる。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中