このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第116回

アップル「iPadOS 15」かなり実用度の高いアップデート

2021年07月13日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マルチタスクが便利になった

 iPadOS 15を触っていて「便利になった」と実感したのがマルチタスク機能だ。

 これまでのiPadOSでは、画面を分割して複数のアプリを表示するSplit Viewや、アプリを浮かせた状態で表示するSlide Overなどがあった。複数のアプリを同時に使えて便利そうなのだが、そのやり方がイマイチであったのだ。

 起動したいアプリのアイコンを長押しし、ドラッグして画面のどちらかに表示させるというのものなのだが、直感的なようで、まったく直感的ではない、アップルにしては珍しい操作体系となっていたのだ。iPadで原稿を書いたり、調べ物をしたりと、かなり仕事用のマシンとして使い倒しているのだが、このSplit ViewとSlide Overに関しては使い勝手が悪く、いつしか敬遠してたのだった。

 しかし、iPadOS 15ではアプリの上部にサブメニューが表示され、そこをタップするだけで、Split ViewやSlide Overにすることができる。まさに直感的になったことで、複数のアプリを同時に起動しやすくなった。

 「なんで、最初から、こうしてくれなかったのか」とiPadOS担当者に詰め寄りたいほどだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中